FC2ブログ

雨が降り、洪水が押し寄せ、風が吹いてその家に打ち付けても、倒れることはない。岩を土台としているからである。

生活

フィジカルセラピー、聖書の言葉

去年の教会の感謝祭ランチョンに、Hirokoは15ポンド(6.8キログラム)のターキーを料理した。15ポンドのターキーに2ポンドのブレッド、いろいろな野菜で作るスタフィンを入れたら簡単に20ポンド(9.0キログラム)になってしまう。

Hirokoのオーブンの前には大きな、重いテーブルがあるのでオーブンのドアも半分しか開かない。
1 oven1 1 oven2
この写真から分かってもらえるでしょう。
心にささやきかける小さな声が聞こえたの、「ターキーを出す前にテーブルを動かして、オーブンの前から出しなさい」ってね。20ポンドのターキーが写真に見えるベーキングペンに載っていて、そのペンのしたにはジュースが一杯だったの。聞こえたささやかな声を無視して、そのターキーを半分開きのオーブンの横から取り出した。半分も出さないときに、坐骨神経のある左足の付け根の辺りに「ガクン」という音が聞こえたように思えたの。それから一週間くらいは何でもなかったのに、左足の太ももの辺りからふくらはぎにかけて鋭い痛みがするようになったのでびっくり。

Hirokoのお友達の一人にこの坐骨神経の痛みのため歩けなくなった人もいた。その人はフィジカルセラピーで良くなったけどね。Hirokoもあんな思いはしたくないけど、フィジカルセラピーがいいか、それともカイロプラクティックがいいか考えた。自転車で転びやはり左足と腰を痛めたときはカイロプラクティックに行き三年間も通った。やめたら一年で痛みがまた戻ってきた。そんなこともあり、この度は運動したほうがいいと思った。インターネットで坐骨神経のためのどんな運動があるか探したら、たくさん、たくさんあった。でもその殆どの前書きに、この運動をする前に必ず専門のフィジカルセラピーに相談することとあった。

アメリカの老人用健康保険では、フィジカルセラピーをするには内科のお医者さんの診断書が必要で、かかりつけの内科のお医者さんに行って、診断書を貰ってきた。
3 centerFront1 3 centerFront2
そしてAthletico Physical Therapyというところに行くことにした。この写真がそのセンターの正面玄関。

ここはシカゴに支店がたくさんあって、有名なフィジカルセラピーセンターらしい。シカゴの多くの職業チーム、ベアーズ(フットボール)、ブールズ(バスケットボール)、ホワイトソックス(野球)、ブラックホークス(アイスホッケー)などの選手もここでフィジカルセラピーをするらしい。
2 center1 2 center2
写真では分かりにくいけど、これらのチームにセラピーをしていると発表している。
4 inside1 
まず、これらのエクササイズマシンでセラピーをする準備の運動をする。Hirokoは自転車に8分乗る。
4 inside7 4 inside2
4 inside6 4 inside5
4 inside4 4 inside3
これらの写真はセンターの内部で、多くのセラピイストが働いている。その中の一人、マイクさんがHirokoのお医者さん。いろいろなことができるので驚き。
Hirokoは一週間に二回、六週間フィジカルセラピーをやっている。家でもその運動をしなければならないので大変だけど、ふくらはぎの痛みはなくなった。まだ腰と左の足の付け根のところの痛みはとれないので、しばらく続けなければならないのだろう。
5 frontDesk1
このセンターのフロントデスク。ここに働いている人たちはみんな親切で、フレンドリーで気持ちの良い人ばかりだ。こんな良いところを紹介していただき感謝。

もしあのとき、ターキーをオーブンから出すとき心に聞こえたかすかな声に聞き従っていたら、このセラピーに通う必要もなかったろうにと思っている。あなたもそんな経験があるでしょうか。

クリスチャンとして、Hirokoは神がこのようにいつも声をかけてくださり、注意してくださるということを信じる。Hirokoにはそれが神の声だということが分かるのだが、Hirokoの心が堅いか、その声に直ぐに従えないときがたくさんある。それでこんなことが起こる。悲しいことである。Hirokoは自分の考えが一番だとは考えていないと思っている。でもやっていることを見るとその思いとは異なるのは、どうしてだろうか。

旧約聖書の箴言にこのことに言及している箇所がある。箴言3章5-8節
「5心を尽くして主に信頼し、自分の分別には頼らず、6常に主を覚えてあなたの道を歩け。そうすれば/主はあなたの道筋をまっすぐにしてくださる。7自分自身を知恵ある者と見るな。主を畏れ、悪を避けよ。8そうすれば、あなたの筋肉は柔軟になり/あなたの骨は潤されるであろう。」

この世の多くの人たち、そしてHirokoにも神が語り続けてくれることを祈る。声を聞いた人たちが、それが神の声か、悪霊のものが分かるように祈る。また神の声を聞いたと思ったら直ぐにその声に従えるように祈る。
スポンサーサイト



生活

英語のSのつく字のものが溜まった!

11月13日水曜日。昨日、即ち11月12日の朝は英語のS字がつくものが庭やガレージの屋根の上に少しだったけど溜まった。そしてその日は一日中零下の温度だったため、それは全然溶けなかった。そうです。それはSnow雪です。、初雪は二、三週間前に降ったけれども、今度は雪が少しだったけど溜まるほど降って溶けなかった。
1 snow 3 1 snow 2
1 snow 1
この写真は13日の朝に撮ったもの。
13日の朝の歩け、歩こうに行ったとき気がついたけど、歩く道の水溜りはテカテカに凍っていたし、葉も全部凍ってしまって、木々は丸裸になっていた。
Konnyaku.jpg
ポーチのコンニャクの葉も凍ってしまった。これでポーチも片付けられるね。

昨日、12日は本当に寒かった。
そして、
昨日、12日は本当に忙しかった。

午前中は10時から教会で聖書研究会があった。一人のご夫人がスパゲティーを作ってきてくれたので、聖書研究の後は皆さんで美味しい昼食。その他にジェローに、ミニチーズケーキも美味しかった。
聖書研究は、マタイ伝7章1-2節からで、実行するのが難しい教え、「人を裁くな」だった。牧師の教えに皆さん質問し、検討し合った。
人を裁くな(マタイ伝7章1-2節)
1「人を裁くな。あなたがたも裁かれないようにするためである。
2あなたがたは、自分の裁く裁きで裁かれ、自分の量る秤で量り与えられる。
とても良い勉強会だった。罪、特に人を裁く罪のこと、裁かれることについても説明してもらった。白いみ座、イエスのみ座などの裁きなどのことも話し合えた。
結果的には、全てのクリスチャンは毎晩寝る前にその日の罪を告白するのが良いということだった。勉強になった。
ある学者の「告白する方法」について(この方法だけでなくいろいろあるだろうから自分にあったものを見つけると良い)
1.主なる神が自分のために、また全ての人のためにしてくださったことを思い、感謝する
2.神に、罪が明らかに見えるように、そして罪を犯すことなく生活できるようお願いする
3.何をしたか自分に聞く。言ったこと、言わなかったこと、したこと、しなかったことなど、その日のことで自分を省みる。時間ごとに、場所ごとに、その他のことを考えて、組織的にするとよい。
4.自分の良心に背くようなことがあるかどうか、自分をよく見、神に赦しを請う。
5.明日を思い、神にその日を良く生きられるように願い、「主の祈り」をして終わる。

そして午後は白内障手術のための最後の目の検診に出かけた。旦さんに車で連れて行ってもらったのだが、駐車場が工事中で車を入れられず、何処に駐車してよいか分からなかったので、旦さんには帰ってもらった。それで帰りはバスで帰り、途中ショッピングなどした。
手術した目は完全だそうだ。良く見える(20/20ビジョンで)、眼圧も、目の状態も全ていいですよ、とのこと。老眼はどうしようもなく、目がねを買わなければならないそうだ。でも薬やで売っている、どこにでもある目がねで良いとのことだった。
次のアポイントメントは6ヶ月後だ。
見守ってくださった神なる主に感謝を捧げ、祈っていただいた皆様にも感謝します。
有難う!感謝!

生活

白内障の手術、両目終了

10月16日、手術の次の日の診察の結果、全て順調とのこと。来週最後の診察があって全て終了。お祈り、ありがとうございました。

昨日、15日の朝7時半に右の目の手術開始、終わって手術後の待合室に入ったのは8時だった。手術前の準備などで前回は驚かされたが、今回は何が起こるか分かっていたためか、待ち時間中に10分位眠ってしまった。いくら分かっていても手術前に眠れるなんてと思うでしょうが、そこがねHiroko。朝に弱いHiroko、何があっても、何処でも眠れるHirokoと有名なのだから。でもこの手術前の10分の居眠りのせいか、麻酔がゆるかったせいか、手術の間中全然眠れず、お医者さんがやっていた手術が全部分かってしまった。それで神経を悩まされたというか、恐ろしかったというか、あまりよい気持ちではなかった。切ったのもチクリと痛くて、そのあと何かを目の中に入れられたのも分たし、目玉を動かしたのだろうお医者さんが下を見てと言ったんで、目玉を下にしようとしたが難しかった。お蔭で血圧がぐんと上がっちゃったものね。手術後に水とクラッカーをいただきゆっくりした気分になったからだろう、血圧も平常に戻った。手術をしたお医者さんが挨拶に来て次の日のアポを確認し、帰ってもいいですよと言ってくれた。何だか目の中に何かあるような気分だけど、これもきっと目に何かを入れられたと思う、思いがそうさせるのだろうと何も言わず明日のアポを当てにして帰って来た。

麻酔から覚めるのを待つこともなく、血圧も直ぐに平常に戻り帰られたので、家に帰ったのが今回は9時だった。前回から比べると1時間も早かった。目に何か入っているという感覚も薄らいだが、眼光を拡大されているので、キラキラと光るし、ぼんやりとしか見えないので何もできず、1時間ばかりゆっくりと眠った。

そのあと旦さんが、お昼はコーンビーフのサンドイッチにしようと買いに行ってくれた。お昼を食べ、その後もゆっくりしてといっても、これがHirokoにとっては苦痛なのよ。何もしないでぼんやりとテレビを見ているとか、じっと座っているとかって。でも考えて見ると、聖書の中でも詩篇46章10節に「静まって、わたしこそ神であることを知れ。わたしはもろもろの国民のうちにあがめられ、全地にあがめられる」と言っているし、デボンの牧師が先日話していたこと。それはイエスと友達となって話しをすること、また安息日(神が宇宙を造って7日目に休まれたことを思い安息を守る)ことなどを実行するのに良いチャンスかもね。と一時間ばかりやってみたけどHirokoには難しかったね。これからもやり続けよう。これは良い霊的訓練なのだから、これからもやってみよう。

お祈りしていただき、感謝でした。これでますますよく見えるようになるでしょう。約一ヶ月後、目がねが必要かどうか検眼したらよいでしょうとのことだった。それまでは目に入れた人口のレンズの見える能力が固まらないそうだ。本当に有難うございました!

白内障の手術そのものは、血を見ないし、20、30分で終わってしまうし、簡単、簡単と言われるけれども、Hirokoの目がねを作ってくれるお医者さんのサジェスチョン、天候の良いときにしたほうがいいですよ、は本当。簡単、簡単の手術などはないということでしょうね。

-------------------------------------
Hirokoがよく眠るので有名になった話を続きに書くので読んでください。

生活

白内障の手術、一回目後の二週間

10月15日に、二回目右目の白内障の手術をする。一回目左目の手術から二週間目である。

この二週間にあったこと。
まずは目薬
1 EyeDrops
この三つ、第一に驚かされたこと。白内障の手術では驚かされることばかり。この三つの目薬、保険がなかったら合計400ドル(4万円)。旦さんの保険が良かったこと、眼科医から10%の割引券が貰えたお蔭で、合計97ドル払っただけだった。
この三つの目薬を一日に7回も目にささなければならない。一つは三回、あとは二回づつ。忘れないように計画表を作った。と言っても、忘れやすくなっているHirokoのこと、忘れたらどうしようって神経質になっちゃった。
教会の90歳になる方が白内障の手術をしたあと、この目薬を入れられなくて一瓶をあっという間に使ってしまったそうだ。再度かったあとは奥さんが入れてあげてたとか。

さて、手術は7時半から。でもその前に準備があるとかで朝の6時に病院へ。たくさんの人たちが既に働いていた。
一階で登録し、手術室へ。と思ったのに、ここで次に驚かされたこと。それで手術より1時間半も前に行かなければならないことが分かった。
3 PreOpe 2 3 PreOpe 3
ここが手術のための準備の部屋。「済みません。Hirokoは左目だけの手術ですけど。」「はい、分かってます。でもこうしなければならないのですよ。どうぞ裸になって、この病院の手術用のユニフォームに着替えてください。」
驚かされ、裸になるのと文句が出そうだったけど、そういう規則になってますと言われれば、はい、そうですか、と従わなければならない。
3 PreOpe 1
着替えて準備室に行ったら旦さんが来ていた。

3 NursesOpe
ここが手術で助手をする看護婦さんたちの部屋

10ヶの目薬が入れられ、IV(Intravenous点滴)もさせられた。看護婦さんは勿論のこと、眼科のお医者さんも、麻酔のお医者さんもきた。みんな心配ないよ、と言ってくれたが、なんだかだんだん不安になってきちゃった。こんなに凄い用意をするなんて思っていなかったから。手術の時間近くになって、麻酔が入れられ、手術室へ。白内障の手術は血を見ない手術の一つとかで、このベッドまま手術室へ。
眼科のお医者さん、麻酔のお医者さん、看護婦さんたちが、大丈夫ですよって。
・・・・・・・・・・
はい、終わりましたよって起こされて、手術は成功ですよ。それじゃ、手術後の待合室に行きましょうと連れて行かれ、大丈夫になったら洋服を着替えてくださいね。眼科のお医者さんと会い、そのあと手術後の要注意事項、明日のアポなどの話しをしてからお帰りください。旦那さんが運転してくれるんですねと車椅子に乗せられ出口へ。本当に手術したのかどうか。IVをとったあとにバンドエイドがしてあるのと、手術前に名前と手術の内容をかいたバンドが腕にしているのが、手術をしたという証拠。

全てが終わり、家に帰った。重い物を持つこと、頭を下げること、目に水入れることなどはしないように注意された。その他、目薬を忘れないで入れること。歩いても、コンヒューターをしてもよいと言われた。手術の日の食事は旦さんが近所でイタリアンのローストビーフサンドイッチを買ってきてくれた。次の日の食事は作ってあったから安心。

この眼科のお医者さん、6人の手術をするため朝7時から病院にいた筈なのに、夜の9時になって、「どうしてますか」って電話をくれたのには大驚き。「ドクター、今日は13時間の勤務ですね。」「でも、手術をした人がどうしているか心配だからね。」

手術の次の日の朝はいつもの通り8時に起きて、40分の歩け、歩けに行った。何も起こらなかった。朝ご飯のあとの聖書の勉強の時間。聖書、聖書の解説書「クレイ」を読んで、神に感謝した。1時間半ほど。それが終わってびっくり。何をびっくりしたか分かる。そう、拡大鏡を使わないで、聖書、クレイの本の中の小さい漢字が全部読めた。辞書も大丈夫。「拡大鏡がいらなくなったよ!」すごい!すごい!

その日の午後の検診でも、手術の結果は大丈夫と言われた。キラキラと光り輝くものが目の周りをちらついたが、それも普通とのこと。本当に二、三日あとには何でもなくなった。そして見えるのよ。本当に見えるの。問題はね。目がね。古い目がねをあちこちから探し出してテストして、2、30年前の目がねが今のところ一番。それにね、可笑しいのは前は、読むものを手の長さ(40センチ)一杯にして読んでたでしょう。そうすると見えないのよ。そうね、手を曲げて前の半分くらいのところにおくとよく見えるかな。これで右の目をやったらどうなるだろうね。

教会の友達のお医者さんが、「そんなによく見えるなら右目の手術はしないほうがいいのじゃないかね。」「ほんとうね。持って生まれたものが一番なのだから、良い目なら人口のレンズに取り替えることないね。」「よし、テストしてあげるよ。」と右目にカードを当てて、「左でこの字が読めるかね。ほら、今度は反対、右ではどうかね。」「右では見えないけど、左で読める。」「それじゃ、手術がいるね。」右目の手術。

一週間目の検診でも、左目が20/20のビジョンに近いそうだ。目がねなしでね。さあ、これで右目をすればよーーーく見えるようになるよと眼科医は言った。明日、その手術。続けてお祈りお願いね。

手術の次の日の結果報告して、この白内障の手術の日記は終わり。

生活

白内障の手術の結果

シカゴ時間、10月1日午後3時です。

お祈りありがとうございました。

10月1日、午前8時に左の目の手術が終わりました。お医者さんが、手術は無事完了したと仰ってました。今はまだ瞳孔が開いてますので、あまり良く見えませんけどね。明日、10月2日に手術後、初の診断があります。何か特別のことがあれば報告しますが、何もなければ、右の目の手術(10月15日)のあとにいろいろ報告さでていただきますね。

続けてお祈りください。Hiroko
プロフィール

Tsukasa Hiroko

Author:Tsukasa Hiroko
初めの家は塵でできており、砂の上に建っていました。
四十年前にシカゴで木の家を岩の上に建てさせていただきました。
今はレンガの家が岩の上に建つようにしていただいたようです。
金の家になれる日を望んでいます。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
訪問者数

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ