FC2ブログ

雨が降り、洪水が押し寄せ、風が吹いてその家に打ち付けても、倒れることはない。岩を土台としているからである。

シカゴあれこれ

五月のシカゴ

5月のシカゴは一年で一番良い季節。5月31日、5月のシカゴを書いて5月のブログを締めくくろう。

5月の第二日曜日マザーズ・デーが終わると、シカゴの寒い冬に外に出しておけない鉢植えを家の中からやっと出してあげられる。霜が絶対に下りることがないとは言えないが殆ど大丈夫なのだ。

そしてガーデン(裏庭の畑)にもいろいろな花、野菜が植えられる。旦さんが管理しているガーデンがあり、植木で買ってきたHot Pepper、トマト、スイート・ペッパー、種で買った日本キュウリ(ミツワで買った)と、グリーン・ビーンズはまだ芽を出していない。紫と緑の紫蘇のブッシュもあるのだがまだ芽が出ていない。隣のガーデンと重なってよく分からないね。
09 05-31 Garden 2 09 05-31 Garden 1

そんなで植木屋さん、昔は日本でも縁日になると植木屋さんが植木を沢山持って来て店を出してたが、シカゴではここ十年ばかり経済的に余裕があったからか、シカゴの市長さんがグリーンを奨励しビルの屋根の上にまで花を植えたり、シカゴの街の中は花々で綺麗にしたりしたので、市民も沢山花を植えるためか、植木屋さんがたくさんできた。今年も不景気で職を失った人が多くいる割にはたくさんの人が植木屋さんに来ている。
近くの植木屋さんの一部
09 05-31 Uekiya 1 09 05-31 Uekiya 2

それから5月になると花が一斉に咲くのでその豪華な写真を載せたいと自転車で走り回っているうちに自転車事故にあって、怪我(肘に打ち傷、そしてふくらはぎに打ち身)をしてしまい、思った花が撮れなくて残念。撮った写真だけでも載せることにする。年をとったためか、打ち身が治るのに二週間かかった。昨日、今日は気分がいい。
チューリップ、ダファデル、ヒヤシンス、クロカス、マグノリヤなどは四月の終わりから5月のはじめに咲くが、そのあとに咲くクラブ・アップル、スピリヤの花を撮りに行って自転車事故にあってしまった。家の周りで撮った写真、名前が定かでないのが残念。知らない花が一杯咲いてる。嫌われもののデンダライオンまで黄色い花を一生懸命咲かせてた。一番初めの白い花はDogwoodだろう。
09 05-31 Hana 1 09 05-31 Hana 4 09 05-31 Hana 7 09 05-31 Hana 8
もみじは秋になったら色が変わるのかと思っていたら、春にもう濃いワイン・カラーになっていた。
09 05-31 Hana 2 Momiji 09 05-31 Hana 3 Momiji
それからベビー・オークの木にも葉がついていた。
09 05-31 BabyOak  09 05-31 BabyOakLeaves

箱庭さんに教えていただいたお陰でピンクの花を何とか取れた。ピンクとブルーの赤ちゃん用のブランケットを作ったのでそれも撮ってみた。角が白くなっているのは日が当たっているため。全体を日陰で撮ったら綺麗なピンクになったでしょう。
09 04-20 Pink Blanket 09 04-20 Pink Blanket 2

箱庭さん、ありがとうござます。
スポンサーサイト



投稿記事

第739回「スパゲティ、どうやって食べますか?」

年をとると細い、細いヌードルが口当たりがいい。それでスパゲティーよりもエンジェル・ヘアを何にでも使う。
今日のエンジェル・ヘアのソースにはミートボールを入れた。その他二、三のレシピーを下記する。

1) ミート・ボールを入れたソースのレシピー6人分
  1lb.    ビーフ挽肉(チキンの挽肉もいい)
  1/2lb.   イタリアン・ソーセージ・ミート
  1ヶ     卵
  1/2カップ パン粉
  各1tspn  塩、胡椒、ガーリック
  1/2tspn  ローズマリー
  これらでミート・ボールを作る。挽肉から油を取るには肉をもむと手と入れ物に油がつく
  フライパンを熱した中で焼く
  焼いたミートボールをソースを作る鍋に入れる
  1カップ   ワイン
  16oz.缶  ダイスド・トマト
  各tspn   塩、胡椒、ガーリック、オレガノ、黒砂糖
         それにEmeril’s Seasoningが美味しい(随意)
  1/2カップ  玉ねぎ、みじん切り
  1/2カップ  セロリ、みじん切り
  1/2カップ  マッシュルーム、みじん切り
  これらをミート・ボールに入れて煮る

2) ミート・ソース
  今日はソースの中にミート・ボール入れたものだったけれども、あるときは同じ材料でミートをボー
  ルにしないで、肉をただ炒るだけにして、ミート・ソースにする

エンジェル・ヘアは茹でたあとオリーブ・オイルをかける
二回分は作るので一回目はエンジェル・ヘアにソースをかけない。冷凍するため
二回目のときにはエンジェル・ヘアにソースをかける
ソース、エンジェル・ヘアを別々の器に入れ       一人分のDish
各自好きなだけとって食べる               上の白いのは生の玉ねぎ、それにトマト、セランチェロ 
09 05-26 Angel Hair2 09 05-26 Angel Hair1

3) エンジェル・ヘアを炒める(炒めたパスタ、イタリア語で何と言ったか忘れました。教えてください)
  ソースは作らないで、季節、季節の野菜をオリーブ・オイルで炒めた中に、
  茹でたエンジェル・ヘアと茹で汁を少々入れて炒める続ける     
  味はオリーブ・オイルと生のガーリックとブラック・ペッパー
  勿論、食べるときにパルメザン・チーズをかける
  海のもの、ソーセージなどを別に焼いたり、煮たりしてつける
  一緒に炒めると、海のものは固くなりやすいし、ソーセージはパスタを油っぽくする

Hot SauceはどのDishにも使うと美味しい

続きを読んでください。そしてコメントもお願い!

投稿記事

母の日、何かしましたか?

母の日に関するトラックバック・テーマがあったけど、一週間遅れの母の日のお祝いのことでは、何だか間が抜けたみたいだから、トラックバックへの投稿記事にはしないことにした。でも甥と娘達への感謝の気持ちを表すために、楽しく、美味しかったお食事で祝ってくれた母の日のことを書くことにした。

5月16日の土曜日に母の日を祝ってもらった。その日の午前中に、教会の同年齢の方のメモリアル・サービスがあって、そのお手伝いさせてもらい忙しかったので、夕食の支度をしなくて大助かりだった。行ってみたいと思っていた近所にできた日本食のレストランに連れて行ってもらった。

夕食を頂いたレストラン「たのしい」
09 05-16 Tanoshii Restaurant front 09 05-16 Tanoshii Restaurant side
正面のガラスに自動車が反映しないように写真を撮るのはどうしたいいでしょうか。

甥と娘たち。左が上の娘とボーイフレンド、そして右が甥と下の娘
09 05-16 Lisa Dave 09 05-16 Steven Elsa

前菜 四種類
ソフトクラブ                      シュウマイ
09 05-16 Soft Shell Shrimp 09 05-16 Shumai

スパイシー・ツナ寿司                スパイシー・はまち寿司
09 05-16 Maguro 09 05-16 Hamachi

一人一人が食べたもの
ばら寿司(光子)                  焼肉
09 05-16 Bara-zushi 09 05-16 Yaki-niku
照り焼き海老                    鯖の塩焼き
09 05-16 Ebi Yasai itame 09 05-16 Saba Shioyaki
トンカツ                       フライド白身魚(写真なし)
09 05-16 Tonkatsu

頂いたプレゼント
自家製シーズニング作りの材料         ワイン
09 05-16 Presents 09 05-16 Wine
8ドル当たった宝くじ
09 05-16 winning Lotto

お魚がフレッシュで美味しかった。

---------------------------------
さて、母親の責任は何だろう。聖書が教えていることを引用しよう。
もっと直接な言葉があったと思ったけど今は見つからないのでこれで我慢しよう。

テサロニケ人への第一の手紙2章7b節
ちょうど母がその子供を育てるように「やさしく」ふるまった。
同書同章11b-12節
父がその子に対してするように、あなたがたのひとりひとりに対して、御国とその栄光とに召してくださった神のみこころにかなって歩くようにと、勧め、励まし、またさとしたのである。

子供に対するお父さんとお母さんの役目は違っているようでしょう。お父さんは「勧め、励まし、さとすこと」をする
お母さんは子供たちに「やさしく」する。
お父さんによほどしっかりしてもらわないと困りますよね。でも子供たちに「やさしく」するのはよほど気をつけないと感情的になりやすいから。ほかのところには、両親は子供をいからせてはならないとある。子供をいからせてはならないって大変なことだね。

ジャーナル

五月五日「子供の日」

五月五日、今日、日本はナショナル・ホリデーで休日、ゴールデン・ウィークの終わりの日。みなさんのコールデン・ウィークはどうだった。

光子の五月五日は、シカゴの私立小学校に行って、二年生の子供たちに「子供の日」のプレゼンテーションをした日だった。着物を着て行ってみんなに珍しがれた。

十五年も出してもらえなかったお雛様、今年は二度も出してもらえ、たくさんの子供たちに喜んでもらって、嬉しかったようだ。兜、紙で作ってある鯉のぼりも持って行って珍しがられた。
逆光になったためお雛様、兜がよく見えなくて残念。窓の側のこけしは先生の収集品
09 05-05 Ohinasa Kabuto
私立の学校なので政府の干渉がないのか、学校の方針としてインターナショナルな子を育てるためとのことで、一年生のときにはメキシコ、二年生は日本、各学年ごとにいろいろな国のことを教えるのだそうだ。

二年生の子供たちがじっと座ってお話を聞くのは苦手。短い光子との会話とお話。
「今日は何の日。」
「子供の日。」さすが日本のことを教えるクラスだけあってちゃんと知っていた。
「あなたがたお休み好き。学校へ来なくてもいいのよ。」
「好き、好き。」
「日本は今日は子供の日でお休みなの。アメリカには子供の日はないね。マザーズ・デー、ファザーズ・デーはあるのに。おかしいね。子供は本当に大事なのにね。神様も子供が大好きだよ。プレジデント・オバマさんに手紙書こうよ。」
子供たちが喜んでがやがやはじめたので目を雛人形に移させて、
「三月三日はガールズ・デー」と言ったら、先生が話してあったらしく、子供たちは、
「三月三日はお雛様(日本語で)と五月五日は節句」と応じてくれた。
「そう、よく知ってるね。お雛様の飾りは結婚式のこと。日本のお父さんとお母さんは、娘が良い人と結婚して、ハッピーになってくれるようにってお願いするの。そしてあの兜は、」と言ったら、一人の子が、
「侍(日本語)が被るのだよ」って、知ってた。そうそうそのこの伯母さんが日本にいるって言ってた。
「そうだね。よく知ってるね。あれは、」と鯉のぼりを指したら、
「鯉(日本語)」「ふーん、日本語上手だね。」
「あの鯉は元気で力があるんだよ。山から流れてくる川を上って行くんだから。あれを天高く上げて、お父さんとお母さんは、息子たちは元気な力強い子に育って欲しいってお願いするの。あなたがたのお父さんとお母さんも、あなた方を愛してるでしょう。」
「ハーイ。」
「そう。あなたがたもお父さんとお母さんを愛してる。」
「ハーイ。」
これで話は終わり、兜つくりを始めた。兜は簡単なんだけど、アメリカの二年生の子供たちが折り紙をするのは大変。でもやっと兜ができて、みんな被って大喜び。
09 05-05 Kabuto-1 09 05-05 Kabuto-2

お手玉、羽子板、けんけん、お多福の顔作り、こまなどのゲームは喜ばれた。
09 05-05 Asobi-dogu 09 05-05 Otafuku

09 05-05 Hagoita Otedama 09 05-05 Koma

おはじきとソロバンは難しかった。
09 05-05 Ohajiki 09 05-05 Soroban

最後に海苔巻きのおせんべい、菱餅ならぬもち粉で作った二段のお餅がリフレッシュメント。美味しいってみんな食べた。お土産に羽ばたく鶴とオブラートのついている飴。みんな喜んで帰って行った。

クラスの子のグランマーで光子のお友だち(京子)、そして光子も、楽しい五月五日の子供の日を送った。

京子の作った二色のお餅のレサピーを続きに書くけど、京子はこのお餅が得意、そして美味しいの。でも下記したのは光子のレサピー。もし京子から何か言ってきたら修正するね。
コメントもお願いね。

シカゴあれこれ

五月三日シカゴの葉桜の様子

五月三日、あと二日すると子供の日。日本はゴールデン・ウィークの真っ最中ですね。六月は梅雨の時期というのが普通だから、五月が一年で一番良い季節だったけれども、今はどうでしょうか。

シカゴは、やっと木々に緑の芽が出てきたけれども、まだまだ朝夕は寒くなるから要注意。今はスワイン・フルーで騒がれているので特に気をつけなければです。

家の窓から見える木々の様子          今日、五月三日に左の木の
                            反対側を写したんですけど
一週間前(四月二十六日)木           緑がよく見えませんね
09 04-26 no leaves tree 09 05-03 Leaves on the tree
隣の家の木には葉がたくさんあります。
どうしてでしょうね。木が違うのでしょう。
09 05-03 Lots leaves

宇宙を造り、その中にある全てのものを創造された神。その神は四日目に太陽と月を造り、季節のためになるようにと仰られたと聖書の中にあります。太陽の光が何かに破損されると、季節も狂ってしまうわけですね。

日本の方々は本当によく環境問題を考え、ゴミを捨てるのに注意していて、日本に行くといつも感心させられています。アメリカでも、もっともっとゴミ処理に注意をはらわなければなりません。

今日の夕食はChinese Noodleでした。レシピを書きましたので見てください。
そしてコメント、待ってます。
プロフィール

Tsukasa Hiroko

Author:Tsukasa Hiroko
初めの家は塵でできており、砂の上に建っていました。
四十年前にシカゴで木の家を岩の上に建てさせていただきました。
今はレンガの家が岩の上に建つようにしていただいたようです。
金の家になれる日を望んでいます。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
訪問者数

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ