FC2ブログ

雨が降り、洪水が押し寄せ、風が吹いてその家に打ち付けても、倒れることはない。岩を土台としているからである。

お客さん、旅人

友、遠方よりきたる、アリゾナさん

Baker & McKenzie(B&M)シカゴ事務所で一緒に働いた人たちと会い、昼食を共にし、楽しい一日だった。引退した後アリゾナに引っ越して行ったSueが来てくれたのを機会に、50代で引退まで間のあるデボラと三人で、デボラの働いている病院の近くのレストランで会い、昼食をすることにした。

シカゴの街の中にあるそのレストランに行くには、電車に乗っていかなければならなかった。Hirokoはこの電車で20年近く、B&Mに通ったのだった。
1 CTA 1 1 CTA 2
Hirokoの家の近くの電車の駅。ああ、電車が来る、来る。
右の写真は電車の中。この電車はシカゴの交通局が運営している。

これがレストラン
2 Restaurnt 1 2 Restaurnt 2
「Elephant Castle」というイギリス系の料理が食べられるレストランの正面。
「いらっしゃいませ!こちらへどうぞ」とConciergeに導かれて。
2 Restaurnt 3 2 Restaurnt 4
このレストランはOutdoor Parlorがある。この頃、このOutdoor Parlorが流行っているのか、多くのレストランが「Outdoor Parlorがあります」の看板を掲げている。人の歩く外で食事をするのはどうかな。飲み物くらいならまだいいけど。それにおしゃべりするのなら外はうるさいよね。
英国のポリスマンの人形が立っていた

この日の昼食に注文した料理。三人それぞれ違ったものを注文し分け合って食べた。
3 Lunch 1 3 Lunch 3
3 Lunch 2
Shepherd(羊飼い)Pie 魚とチップス(Fish‘N Chips) チキン・サラダ

羊飼いのパイの話
230px-Shepherdspie2.jpg
Googleで”Shepherd Pie”と検索すると、Wikipedia、 http://en.wikipedia.org/wiki/Cottage_pieに"Cottage(小屋)Pie”が出てきた。要約すると、
「”Cottage Pie”は英国、またはアイルランドの肉のパイを指し、牛こまとパイの皮にはジャガイモが使われている。このパイに少し変化を加えたものが「羊飼いのパイ」として知られている。
Cottage Pieという言葉は1791年頃から使われており、それはジャガイモが食べられる穀物で、貧乏な人たちでも安易に手に入れられるものとして紹介された頃からである。Cottageとは田舎のお金持ちではない人たちが住むところ、Cottage小屋を表していると言われている。
料理の本には、残りのローストミートを使い、ジャガイモをパイの皿に敷き、ミートの上にも載せるようになっている。
「羊飼いのパイ」の言葉が見られるのは1870年頃からである。それ以後はどんな材料が使われていようとも、"Cottage Pie”と"Shepherd Pie”は同義語のように使われている。
昨今は、Shepherd Pieは羊またはラムの肉を使うようにもなった。」
これ以上のことを知りたいときは、どうぞ上記のサイトに行ってください。似たような材料で、多くの国々の人たちが作っている料理がリストされていて、一見する価値がある。

これがSue
4 Sue
Sueの白い髪の毛はとても素敵だった。これ彼女の自分の毛だそうだ。でも彼女、未だ白髪になる年齢ではないので、多くの人たちに、どうやってそんなに美しく染めているのかって聞かれるそうだ。
デボラの写真も撮ったのに、セーブするの忘れちゃったらしい。これらの写真はCel Phoneで撮ったので、シャッターを切ったあと一枚一枚Saveしなければならいのに、忘れちゃった。残念無念!

デザートタイム
5 Dessert
「Big Ben」と呼ばれる10センチくらいの正方形に切った大きなブラウニーが、たっぷりと盛られたアイスクリームの上にのっていて、それに生クリームもたっぷりと盛られている。一人で一つは無理なので、一つ注文して三人でつつっき合って食べた。美味しかった。去年から10ポンド(4.7キロ)も増えたHirokoには毒。でも食べちゃった。

三人各自の近況報告。引越しを二度もしたデボラ。手術をした上、お母さんと娘のご主人の手術、入院などで、アリゾナとシカゴを何回も往復したスー。みんな肉体的には完全に年を取ったようだけど、精神的にはまだまだ三十台、四十台、五十台の若さの三人。楽しいときを過ごさせていただき感謝。

楽しくて別れるのは悲しかったけど、帰らなくちゃね。

Red Lineの電車はシカゴのダウンタウンになると地下を走っているので電車のホームは地下になる。Hirokoがプラットホームに着いたら丁度電車が出てしまった。
6 CTA 1
6 CTA 2 6 CTA 3
閑散としたプラットホーム。日本のようにプラットホームに電車到着の場所、そして人が並ぶべきところの白線がないので、プラットホームの床も灰色のコンクリート一色。
反対側の電車が到着。Hirokoの電車はまだ来ないね。
-----------------------------------------
ベーカー・マッケンジー法律事務所と神さまと私について続きに書くので読んでください。コメントもね。
-----------------------------------------
スポンサーサイト



ジャーナル

父の日を祝してシカゴの井上家の集い

HirokoのIn-Lawたち、冴と哲ちゃんがカリフォルニアから来ていて、一週間早い父の日のお祝いを家族でやることになり、冴、哲の息子、スティーブンの家でバーベキュー・デナーをした。
0 house 1 3 fatherDay 3
イリノイ州グレンビュー街にあるスティーブンの家の大体の全景。この家の主人、スティーブンと将来の女主人となるであろうアマンダ。いつかな?

デナーに出されたいろいろな料理
スティーブンのバーベキュー
2 grill 1
いろいろな機能のある専門家用バーベキュー・グリル
2 grill 2
スティーブンのバーベキューは美味しい。適切なハーブを使って味を良くするからだろう
話は逸れるが、シーズニングRosemaryは脳の栄養素だとか。脳の老化現象を防げるらしい。
2 grill 3 2 grill 4
アスパラガスをベーコンで巻いてグリルで焼く。ベーコンがカリポリして美味しいこと。
バーベキュー・ソースで味付けして焼いたリッブス。アメリカ人はリッブスが大好き。
2 grill 6
Bubba Bargerと呼ばれる特別なハンバーガー。一番美味しいハンバーガー・ミートだそうだ。柔らかかったけど、チーズがドッテッとのっていて、肉の味がよく分からなかった。
2 grill 5
古いグリルは庭の飾り

みんなが持ち寄ったもの
1 foods 2 1 foods 2-1
カリフォルニア州アーバイン風に味付けして焼いたテンダーロイン
美味な味付けで、柔らかくて、美味しかった。Hirokoはよく肉を食べた。
1 foods 1 1 foods 5
BBQ Pulled PorkとDeviled Egg
アマンダのお祖母さんのレシピで、ポークをスロークッカーでじっくりと煮たもの。肉が糸のようにほぐれている。ハンバーガー・バンズにはさみ、ハンバーガーのようにして食べる。
Deviled Eggの言葉の由来
18世紀ごろからこの卵の味を表す言葉として使われはじめ、19世紀にはこの言葉は印刷されている。卵の味は、マスタード、胡椒などを用い、辛く、風味をきかせたものだった。米国南部、中西部では、教会に気を使って“Deviled”ということば避けて、「サラダ・エッグ」「ドレスド・エッグ」などと呼んだ。
1 foods 3 1 foods 4
Hirokoの二種類のポテト・サラダ と カリフォルニア・アーバイン風おソバサラダ、ドレッシングがおソバに合っていて良い味だったし
1 foods 6
スイカ、バンズにハンバーガーには欠かせないポテト・チップス

楽しんでいる人たち
3 fatherDay 0
家族の一員、スティーブンの長年の友Dinky
3 fatherDay 0-2 3 fatherDay 0-1
何かすることある。ワインでもサーブしようか。ビールを飲みはじめてひと休みしている人たちもいる。

リサは父の日をお祝いして、リサの伯父さんになる哲伯父さんとダディーに、父の日のカードと宝くじをプレゼントした。旦さんはその宝くじから二ドル当たった。
3 fatherDay 1 3 fatherDay 2
哲ちゃんはどうだろう。ええ、百ドル?!本当? 哲伯父さんと一緒のリサ

食膳の感謝をして、はい、デナー
4 dinner 1 4 dinner 2
4 dinner 3 4 dinner 4
説明は要らないでしょう。食べて、食べて、食べて、おしゃべりした。

食後は寒くなった。
5 after 1 5 after 2
旦さんはいち早く家の中の半地下にあるテレビ・ルームで野球の観戦。Dinkyも一緒。似てるね。
5 after 3
哲ちゃんもデープも、旦さんの仲間入り

この家の主人と冴さんは後片付けにおおわらわ。

5 after 5
忙しくない人はクッキーのデザートとコーヒー、紅茶。
5 after 6 5 after 4
おしゃべりに余念のない三人。三人よれば姦しいね。

シカゴの家族でこじんまりとした、とても良い集まりだった。美味しかったしね。

一週間早かったけど、Happy Fathers’ Day!

Father's Dayの日曜日には教会の帰り、親しくしているご夫妻と一緒に、パイの美味しいBakers’ Square Restaurantで昼食をして、父の日を祝ってあげた。そのレストランでは、お父さんたちにパイを無料でくれた。旦那さん方二人はパイをもらって帰った。
----------------------------------------
父の日の由来を続きに書くので読んでください。

クリスチャンの生活

「死」悲しみのステップ

人、特に愛する人、親しい人が亡くなったとき、その感情をどのように処理してよいか迷っている人にこの文を捧げる。

まず、Hirokoが死に会ったとき、どうしたか思い出しながら書いてみよう。Hirokoは4ヶ月の間に五人の親しい人たちを亡くし、動転した。まず遠い親戚の方の死、次に母の死、親しくしていた人の死、叔父の死、そして最後にキリスト教概論の教授の死に会い、悲しみ、というより怒りがこみ上げてきてどうしようもなかった。Hirokoはシカゴにいて、この人たちはみんな日本だったことも怒る一理だったかもしれない。教授が亡くなったとき、教授のグループの人たちが追悼記を出すから何か書いて欲しいと言ってきたとき、Hirokoはまだ教授の死を受け入れられないでいるのに、追悼などできるものかと酷い手紙を書いたのを覚えている。その手紙の宛先の人も「ごめんなさい」を言わないうちに亡くなってしまった。

クリスチャンなのだから、聖書を読み、お祈りをして神様に助けてと言えばよかったのに、反対に神様に背を向けて、神様が悪いと言い張った。教授の死が一番応えた。クリスチャンとなり、洗礼も受け、これから教授といろいろイエスのこと、キリスト教のことをもっと、もっと教えてもらい、話し合いたいと思っていたときだったからなおのことだった。それが神に対する反抗になり、聖書も読めず、祈りもせず、だんだん下を向いて歩くようになっていた。

母の死については、旦さんはじめ、皆が慰めてくれたし、その前の年に半年間も上の娘と日本に行き母と一緒に過ごすことができたことなどを思い、自分で(v).慰めたりしていた。亡くなった友人知人ともその半年の間に会うことができたことも慰めになった。この「慰められた」が、「感謝できる」となっていたなら、あのときの苦しみももっと少なかったかもしれないと今にして思う。あのときは何せ、神に感謝する気持ちなど全然なかった。

とは言えいつも神に、これも祈りと言えば言えるのだろうけど、怒って、質問と言えば聞こえがいいが、食って掛かっていた。「どうして?!何故?」って。聞いていた。そんなことが半年も続いたあと、夏季修養会のときとなり、いつも家族で出席しているのでその年もバケーションのつもりでその修養会に出席した。その修養会での出来事の前に、悲しみに会った人の話を二つ。

2011年6月10日付け「Clay」月間デボーション・ガイド・ブックの「きょうの霊想」というコラムの要約。
「17歳で結婚したコーリンは一女をもうけたあと、25歳のとき、夫の突然の病死に会う。そのとき彼女は妊娠していた。
数年して再婚し二児をもうけたが、四人目の子、グレンは未熟児の上、無肛門、そして精神遅滞も伴っていた。再婚した夫も肝臓ガンで亡くなり、その後グレンも亡くなった。
次から次に襲ったこれらの艱難の中、コーリンは笑顔を絶やさなかった。牧師は、不思議に思って、これら困難のなかどうして笑顔をして生きていけるのかと聞いた。コーリンは、『感じたままが顔に出ているんです。私には今もすがることができるお方、そうイエスさまがおられるのです。これからも一緒にいてくださると信じています。ですから、私はいつも微笑んでいられるんです』と答えた。」

聖書の中のヨブ記1章20節と2章7-10節の要約。
「全財産をなくし、10人の子供たち全部を一度に亡くしたヨブは、上着を裂き、頭をそり、地に伏し拝して言った。『わたしは裸で母の胎を出た。。。。主が与え、主が取られたのだ。主のみ名はほむべきかな。』その後ヨブ自身も体中にいやな腫物が出て、陶器の破片でかき、灰の中に座っていた。妻が、神をのろって死になさいと言うと、ヨブは、おろかな女の語ると同じだ。神から幸いを受けるのだから、災いをも受けるべきではないかと言った。」

悲しみ、苦しみの中でのHirokoは、この二人のような高尚なことが言える信仰を持ってはいなかった。でも祈りにならない怒りと質問をイエスにぶっつけることができたのが幸いだったと今は思える。

上記した夏季修養会では、牧師先生が「のぼろう、のぼろう」という讃美歌を何回も何回も歌っては神の愛に応えておられた。
「のぼろう、のぼろう、ヤコブのはしごを、十字架の兵士よ、さあ、のぼろう。
すすもう、すすもう、きよくなるみちを、十字架の兵士よ、さあ、すすもう。
のぼろう、のぼろう、あめなるみくにへ、十字架の兵士よ、さあ、のぼろう。
はげもう、はげもう、主イェスのみわざを、十字架の兵士よ、さあ、はげもう。
のぼろう、のぼろう、ヤコブのはしごを、十字架の兵士よ、さあ、のぼろう。」
その先生の神への愛をみて、Hirokoも先生のように神を愛するものになりたいと思った。そして主なる神、イエスに心から謝ることができた。

もう一つは、同じ修養会の体の不自由な講師だった牧師先生の話の要約。
「牧師先生は真冬の寒いとき、東北の一つの町で話をし、次の街での説教講演に向かうために列車の駅で待っていた。外は大吹雪となり汽車が来るかどうか危ぶまれていた。そんなとき駅に電報が入り、それが先生宛のものだった。でもその電報は悲しい知らせだった。娘の婿が自動車事故で即死との知らせだった。娘には小さい子供が二人、そして妊娠していた。先生は大吹雪の中どうすることもできず、一時は動転した。しかし聖書を開いて読んだ。『あなたがたは、主にあっていつも喜びなさい。繰り返して言うが、喜びなさい』とのみ言葉だった。先生は、びっくりして、こんな状態のときにどうして喜べるのかと主に聞くことしかできなかった。主に聞いて、しばらくじっとしていたら、主が、わたしがそばにいるではないかと言葉にならない言葉で話しかけてくださった。それで気が付いて、こんなときにも話ができる人がいることを感謝できた。」

Hirokoはこの修養会で悲しみを吹っ切ることができた。どんなときに、どのようにして、何のきっかけで、悲しみ、苦しみの中から抜け出せるかは分からない。そこに至る間のことをもう少し書くので読んでください。

Hirokoの教会の英語部の牧師先生はカウンセリングの博士号を持っているので、教会員にカウンセリングの方法をいろいろ教えてくれる。先生のその教え、そのときに参考書として薦めてくださった二冊の本、H. Norman Wright著、“Crisis Counseling” と “Training Christian to Counsel”からの抜粋をまとめ要約した。

友人知人が亡くなり、その死の悲しみを味わう人(bereaved person)にはいろいろな経験段階がある。(i)ショックし泣く、(ii)罪の意識、(iii)怒り、(iv)一人になった淋しさ、(v)正当化する、(vi)種々の活動をする、(vii) 亡くなった人がしていた生活に戻ろうとする、(viii) 死んだ人と同じようになれるなどの過程がある。このような過程を順序不順に何回も繰り返えす。

(i).涙が悲しみを流すとも言われるように、泣き悲しむことは重要なこと。イエスもラザロの死を泣いた。泣いたりしたら恥ずかしいなどと思わずよーーーく泣くとよい。泣いている人に、そんなに泣いては死んだ人が死に切れないなどというのは可笑しいことである。たくさん泣くほうがよい。

(ii).あれを、これをしてあげれば良かった。何もしてあげなかったなどと、しなかったことを悔いて、罪の意識をもつ。これも多くのbereaved personが思うことで当たり前のこと。罪の意識で苦しんでいる人に苦しむなと意見しても、どうすることもできない。その人はそれで苦しんでいるのだから。苦しむなと言うより、それを黙って聞いてあげるほうがよほど効果的。

(iii).医者、病院、看護人に対して、あの人たちがよくしてくれなかったとか、自分をおいて死んでしまったなどと、死んだ人にも怒りをぶちつける人がいるが、それも普通のことである。

(v).いつまでも苦しみ、悲しみを表すことは可笑しいと考え、いろいろな活動をし始めるが続かない。そんなとき死んだ人のことを思い出し、話し合ってあげる。また、一年も二年も経ってからでも話し合う人がいることは助けになる。Hirokoの亡くなった友人の子が、一年経ったある日ミツワに買い物に行ったら涙が出て止らなかったと言って電話がかかってきた。Hirokoはしばらくその友人の子と、お母さんの好きだったもの、その人特有の日本食のレシピのことなど話し合った。

苦しみ、悲しみに会ったとき、それを話せる人がいるのは大変助けになる。でも苦しみ、悲しみを人に話すことがなかなかできない人が多い。そんな人は、苦しみ、悲しみに会っている人の苦しみ、悲しみが理解できるのだから、自分の経験を生かして、そんな人たちに話かけてあげる。死にあって苦しんでいる人には、死んだ人との楽しかったこと、可笑しかったこと、苦しかったことなどの思い出を話してあげるとよい。そんな話し合いは、苦しみ、悲しみの中にいる自分の助けにもなる。

話せる人がいないときは、ジャーナル(祈りのジャーナル)をつけ、喪った人のことに関する感情をそのまま書き表すと大変助けになる。その亡くなった人が愛する家族、友人知人だとしたら、良い思い出をたくさん思い出し書き綴るうちに、心に安らぎを覚えられるようになる。

もしその亡くなった人との関係が良くないものだと、少々難しい。でもその感情を素直に書き綴るとよい。

前記したヨブ記に、「灰の中で苦しんでいるヨブを三人の友人訪ねてきた。声を上げて泣き、上着を裂き、塵を打ち上げ、頭の上に撒き散らした。こうして七日七夜、ヨブとともに地に座していて、ひと言も話しかけなかった。ヨブの苦しみが非常に大きかったからである。しかしその後、ヨブが話しはじめると、それを受けて友人たちはそれぞれ、自分たちの意見を述べ、ヨブが罪を犯したからではないかと言った。そしてヨブに主に謝罪し、悔い改めるようにと言い張った。いろいろな話し合いがあったあと、主なる神が現れてヨブに語りかけ、ヨブの状態は最初のときの二倍も良いもので満たされた。三人の友人たちは主について正しいことを言わなかったと言われ、ヨブに祈ってもらった。主はヨブのその祈りを聞かれた。」

この話から、苦しみ、悲しみに会っている人たちには話しをするのではなく話しを聞いてあげる、また一緒になってその苦しみ、悲しみを分け合うべきであると学ばされる。

夜中の2時になってしまった。おやすみなさい。この要約はほんの少しで、付け足すことがいっぱいある。どうぞどなたでも付け加えたいと思うことをCO(コメント)に書いてください。または電話して教えてください。「その二」として書き加えましょう。

ガーデン

コンニャクの花

コンニャクを作る芋と自家製コンニャク
ne - 1 ne - 2
このコンニャクを作った人が言うには、芋はこの二倍(直径7~8インチ)くらい大きくなってからでないと、コンニャクを作れないとのこと。固い皮を剥くのが大変なうえ、皮を剥いているうち芋が小さくなってしまうからだそうだ。芋の皮を剥いたり、摩り下ろしたり、大変だ。芋を大きく育てるだけでも大仕事。自家製コンニャクなどいつできることか。
hana - 1-1
コンニャクを作る人から三月のはじめ、花を見せてあげると言ってこれをいただいた。花はとってもへんな匂いがするとのことで、どうなることかと心配していたら。。。
hana - 2-1 hana - 2-2
こんな花が咲いた。あまり匂いがなかった。これで満開らしい。もっと大きく開くのかと思ったら、そうじゃないらしい。
konnyaku 1 konnyaku 2
Google Japanの画像にコンニャクの花が一杯あった。その中からこの二つをお借りした。
左のは「お化けコンニャクの花」というのだそうだ。男の人の倍くらいある花。
右側のは普通の大きさらしい。やはりHirokoのはもう少し開く筈だったかな。

Hirokoの花が咲いたコンニャクは、
hana - 3-2 hana - 3-1
花が枯れるまで待って、芋を植えておくとまた芽が出るとコンニャクを作る人は言っていた。
ne - 4 ne - 3
でも花が咲いたコンニャクの芋からは芽が全然でない。花が咲かなかった去年の芋を植えたらそれから芽が出ている。
--------------------------------------
コンニャクのことがいろいろ書いてあったので続きに書くので読んでください。
-------------------------------------
プロフィール

Tsukasa Hiroko

Author:Tsukasa Hiroko
初めの家は塵でできており、砂の上に建っていました。
四十年前にシカゴで木の家を岩の上に建てさせていただきました。
今はレンガの家が岩の上に建つようにしていただいたようです。
金の家になれる日を望んでいます。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
訪問者数

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ