FC2ブログ

雨が降り、洪水が押し寄せ、風が吹いてその家に打ち付けても、倒れることはない。岩を土台としているからである。

ガーデン

旦さんの畑とガーデン5 と Kibochan

KibochanはO’Hareで滑走路の問題で一時間、そして飛行時間で一時間、合計二時間ほど遅れたが、8月22日(月)に無事日本に着き、お父さんの運転で山形には夜中の二時半ごろ着いたそうだ。山形に着いたら早速電話が来て、Kibochanの第一声、「ホームワーク終わったよ」が聞こえた。遅れた長時間の飛行で疲れた、疲れたと言っていたが、飛行機の中に長くいたお蔭て宿題を全部終えることができたと思えば感謝じゃないと言ったら、素直に本当だねと言ってくれた。次の日、学校には行かなかったようだ。学校に行ったとしても時差などのためにキット寝ていたでしょうね。どっちにしても、お父さん、お母さんの懐に無事帰れて本当に感謝。多くの人たちに加え、旦さんのお祈りに感謝。もう一人の妹がKibochan到着後二、三日して訪ねて行ったら、楽しかった、楽しかったの連発だったとか。Kibochanの行きたいところに付き合い、連れて行ってくれた新しい友達とそのママ、本当に感謝、感謝!何もかも、主よ、本当にありがとうございました。

さて、旦さんの畑とポーチガーデンの話。Kibochanがよく胡瓜などに水をあげてくれたけど、いなくなったのでHirokoが一生懸命あげなければならなくなった。胡瓜って本当に多量の水が必要。ポーチガーデンは、雨が降っても影響しないので、水道から一日に三度は水をあげなければならない。その胡瓜も終わりらしい。

1 Garden 1 1 Garden 2
1 Garden 3
こんな変な形の胡瓜ができてきた。胡瓜の出始めのころも変な形の胡瓜だった。こんな形の胡瓜ができてきたということは胡瓜の季節も終わりに近づいたのだろうか。

1 Garden 4
胡瓜の木もずいぶん枯れ始めた。でも水はまだまだよく飲むけど、やり過ぎないように気をつけないと、水をあげ過ぎて根を腐らせるかもしれないから。

エルサがあと何回くらいこの美味しい胡瓜とトマトが食べられると聞いたけど、本当にあと何回かしらね。三、四回かしら。去年は寒くて胡瓜もトマトもよくできなかったけど、今年は暑い日もあったし、雨もよく振ったのに、四、五年前と比べると、胡瓜もトマトも収穫がぐんと減ったように思える。トマトだって冷凍にして冬用に蓄えておきたいだけの収穫がないもの。胡瓜は、旦さんの畑とポーチに四本あるので、旦さんの畑から採れる大きな胡瓜は、胡瓜のキュウチャンにして、みんなに喜んでもらった。それだって有り余って困るなんてことないのだから本当にどうしたんだろうね。大家さんところは一本もできなかったらしい。

さて、金曜日の夕食なので、魚のフライと厚揚げ豆腐とさつま揚げを入れた野菜炒めにしよう。Kitが彼女のブログTrading Yokes (http://www.tradingyokes.com/)に中華料理のレシピを載せたが、野菜をたくさん使ったレシピなのでそれに似たものにしよう。

2 Harvest 1
しし唐がまたたくさんできていたのでしし唐も。旦さんは泥棒だと言ったけど、隣のグリーンビーンズが旦さんの畑に侵入してきてたくさん実をつけていたのでそれもいただいた。それに人参、セロリー、そしてグリーンオニオンの硬いところを炒めて、味は塩少々と胡椒でつけて、食べる前にオイスターソースとごま油と醤油少々を混ぜたソースをかけて食べた。オイスターソースは火を通すと苦味が出て美味しくないから食べる前にかける。

グリーンオニオンだけど、大家さんが買ってきて先のほう使い、残りの根を土に植えたので、それをいただいた。
2 Harvest 3 2 Harvest 2
グリーンオニオンの長いこと。そばに置いた箸と比べてみてください。
グリーンオニオンと紫蘇。このグリーンオニオンの柔らかいところと紫蘇に鰹節と七味唐辛子を入れて、豆腐の薬味。暑いときはこれが一番。

2 Harvest 4-1 2 Harvest 4-2
旦さんの畑のキュウリとトマト。旦さんがこんなに小さいキュウリを採り入れるのは珍しい。リスにトマトをよく食べられるけれども、キュウリも食べるようになったとか。それも細くて美味しそうなキュウリの尻尾のほうを少しだけ齧るんだから。トマトも一口食べてはほかのをまた一口齧りで、一回に二個も三個も食べるので、旦さんはそのリスと競争しなければならないんだって。

3 dinner
その日の夕食の一皿。アメリカはいいね。こうやって一皿に全部載せて食べるから、皿荒いも少なくて済むから。はじめはほかの味と交じり合ってしまったりして、なれなかった。でも皿洗いを旦さんかエルサがしてくれるので、余りお皿を汚しては悪いから、一枚のお皿で我慢して、こうやって食べていたら慣れちゃった。Kibochanも何も言わないでそうやって食べていったなあ。
スポンサーサイト



お客さん、旅人

Kibochan、帰っちゃった

Kibochanの帰る日がやってきた。長かったような、短かったような二週間の滞在が終わった。夕食のときいつもKibochanが使っているコップを見て、Kibochan、自分の飲み物は自分で持ってきてねと言いそうだった。
1 Empty 1 1 Empty 2
主(ぬし)のいなくなった空っぽの部屋。「主よ、Kibochanが元気で、安全にお母さんの懐に帰りつけますようにお願いします」と旦さんも祈っていたし、Hirokoもお願いした。

Kibochan、昨晩は夕食のあともやっていたから、6、7時間かかって荷造りをしていた。壊れやすいものと、壊れないものに分けて、それらをそれぞれ二つの荷物分けてやっていた。
2 Packing
一生懸命荷造りをしているKibochan。全てのものがKibochanの思うように届くようにも、お祈りしましょう。

昨夜は荷造りのあと、夏休みの宿題のブックレポートを書き終わらなければならないとかで、Hirokoも一緒に起きて殆ど終わらすことができた。
このブックレポートのことなのだけど、Hirokoに言わせると、これはミラクルだ。なぜならKibochanは、シカゴのクリスチャンの大伯母のところに来て、教会で夏期聖書学校に出席し、「愛」、「喜び」、「忍耐」、「親切」について学び、これらが「罪」に関わることも聞いた。そのKibochanのブックレポートの本がキリスト教に関わる本で、その本の中で主人公が、10歳のときはじめて罪ということを知ったと書いている。Kibochanは、そこのところを取り出し、「罪とは何か?」と題してブックレポートを書いた。少し長くなるがKibochanが書いたレポートの要約を書かせてもらう。
「10歳の主人公の「俺」の両親が離婚することになり、お母さんとの会話で、「ごめん、ごめん」と何回も繰り返し、繰り返し謝っているお母さんを見ていて、今までと違うお母さんを見、そのお母さんは悪いことをし、「俺」は罪を知ったと書いている。
Kibochanは、教会で、いじめっ子、悪い子、全ての人を愛さなければいけないこと、また忍耐がなければ喧嘩、戦争、わがままになることなどが罪につながることを学んだ。
結論として、自分は今まで罪についてなど考えたこともなかった。それに一般的日本人は、盗み、殺人、強盗などをした人たちが、法の下に罪と定められることが罪と考えていると思う。しかしKibochanは、日本人的罪の考え方だけでなく、聖書に書かれているような罪をも学んでいきたい。」3ページになるようにこれらを書き綴った。

そんな訳で出発前夜に寝たのは2時半過ぎていた。でも出発日の朝は一回起こしただけで直ぐに起き、朝風呂に入っていた。全て用意が整ったのが早かったので、早めに出かけた。途中、頑丈なスーツケースのほかのバッグが壊れてしまったので、その荷物をしっかりと止める帯を買ったりしたので丁度良かった。
3 OHare 1 
チェックインのときの写真。スーツケースの重量、また、もう一個の可笑しな荷物を受け取ってくれるかなど気になったが、チェックインしてくれた。
3 OHare 2
そしてセキューリティーのチェックなどにも思いのほか時間がかかったが、やっと出発出口に来ることができ、やれやれと座っているところ。日本語を話せる人たちがいっぱいいて、一人の女の人がKibochanに親切にしてくれていた。

Kibochanが出発してから11時間。確か13時に着く筈だから、あと3時間すればお母さんの懐に戻れるでしょう。「お母さん」って泣くかな。

二、三日写真日記のブログを書くのをミスした部分があるが、これから少しづつ書こうと思うのでお待ちください。子供のことなど全然分からなくて、いい勉強させてもらった。大きな遊園地などにも20余年振りに遊びに行ったが、まず入場料など何でも高くなっているのにびっくり。

お客さん、旅人

Kibochanの8月18日

今日もまた絵日記お休みです。今(夜中の11時半)に帰ってきました。みんな元気ですからご安心ください。

それじゃ、お休みなさい!

お客さん、旅人

Kibochanの8月17日

昨日は本当に歩いたんだね。今朝はHirokoもKibochanも遅くまで寝ていた。Kibochan、今朝は宿題の朝ごはんを作りの日よ。もう起きてるよって、朝風呂に入って、まだ頭もとかしてないまま、旦さんが朝ご飯を待っていたので、早速朝ごはん作りをはじめた。
0 cooking 1 0 cooking 2
0 cooking 4 0 cooking 5
まずソーセージを小さいフライパンに入れて焼き、それが焼ける間にオムレツ作り。はじめの写真は、一生懸命にズキニとオニオンを細かく切っているところ。その右は刻んだズキニとオニオンを中型のフライパンでソティーしるところ。油がはねないかなあ!大丈夫よ。少しだし、ズキニとオニオンを入れるときだけよ、はねるのは。ほんとうだ大丈夫だって炒めているところ。その野菜が柔らかくなるまでに、卵を溶いて味付けして。卵を溶いたらどうするの。フライパンの中の野菜を少し端のほうに動かしておいて、そこを拭いてから別の油を入れて、ここに入れなさい。それからアメリカ式にオレンジも切って、
出来上がり。その写真と旦さんとHirokoが味見している写真をKibochanが撮った。それに感想も書かなければならないので書いたので、興味があったらKibochanに聞いてください。どんな朝ごはんになったか。

朝ごはんが終わって一休みして、サムズクラブへお買い物。
1 Sams 1 
1 Sams 2 1 Sams 3
サムズクラブとKibochan
お土産にするものは自分で払ってねと言われているので、Kibochanは自分のことは自分でと重いカートを自分で押して一生懸命。旦さんとKibochanの大と小のショッパー。
Hirokoの体は、また動くの?今日はもう動きたくないよ。足も動かないよって、ごねているみたい。疲れが、若いときのように一晩寝れば直るというものではないらしくなかなかとれない。

Kibochanも疲れたらしい。それに日本食に飢えたらしい。というのが昨日も一昨日もお肉、お肉。ハンガーバーとピザ。お昼は食べたくないというから、ご飯と漬物と海苔と味噌汁はどう!わあ、それなら食べるという訳で、出してあげたら自分でちゃんと作って食べていた。

その味噌汁のもとを探したとき、こんにゃくを忘れていたのを見つけて、早速煮た。美味しかった。Kibochanももう一つ欲しいって。旦さんも食べていた。ご馳走様でした。Kibochanからもサンキュウお母様とのこと。山形思い出したって。

お腹が一杯になるとどうなるか。
3 naping
そう、旦さんが見せてくれた映画を見ながらお昼寝。午後はどこかにショッピングに行くはずだったけど、行けなかった。

夜は、エルサが見たい、見たいと言っていた上海アクロバットを見に行った。エルサが切符を買ってくれた。席は真ん中で前から5番目。よーーーーーく見えた。
4 circus 1 
4 circus 2 4 circus 3
4 circus 4
アクロバットの写真を撮るのは難しい。だって被写体は常に動いているから。
一番上の写真が始まり。はじまり。
次の二つは、人間タワーとモーターバイクのアクロバット。
そして最後の何だか分からない写真は、その日の最後のもの。この地球儀のような大きなものの中にモーターバイクが四台も入って走り続け、いろいろなアクロバットをやっていた。

一番見たがったエルサは残業のため来れなかった。残念!残念!

Kibochanのカメラのバッテリーがなくて写真がとれなくて、これも残念!残念!

明日はまた一日、朝9時から9時まで、アミューズメントパークへ。朝少し早く起きておにぎり作って持って行くことになっているので、もう寝ます。昨日のブログはまたにする。

それじゃお休みなさい!

お客さん、旅人

Kibochanの8月16日

はい、みなさんに折角来ていただいたのに、何の写真も載せず、何も書かないで終わり。もう写真をブログにアップデートしたり、書いたりする体力がなくなった。撮った写真はあるんですよ。

今朝、Kibochanを連れて家を出たのが8時半ちょっと、そして帰ってきたのが10時半。合計14時間、一日あちこちと歩き回った。Kibochanにお風呂に入るようにいっても、その気力もないんですって。もう後ろで寝てる。そんなわけで今夜は書けません。明日の午前中に書けたら書くことにするね。

お客さん、旅人

Kibochanの8月15日

昨日書いたように、今日は9時には起きて、それから一日中ホームワークをしていたKibochan.

Homeworks 1 
本の中に埋まっているとはこのこと。一生懸命に本読みしていた。難しい、難しいといいながら。でも読み終えたらしい。

Homeworks 2 Homeworks.jpg
あっちの椅子に座ったり、こっちの部屋に行ったりして一日中よく勉強していた。

英語、国語、数学など殆ど終わったらしい。安心、安心。

そうそう、家庭科も明後日の朝、旦さんとHirokoに朝ごはん作ってくれるんですって。あまり勉強、勉強では可哀想なので、Kibochanの好きなショッピングへ行って、材料を買ってきた。ソーセージ、ズキニ、オレンジ。これで何ができるって。オムレツを作るんですって。卵とオニオンは家にあるのを使ってね。どうなるかな。コレが家庭科の宿題。

明日は一日中シカゴの街の中を歩き回り、見物、観光。ステファニー、タムリンも一緒なので楽しいでしょう。じゃ、明日の力を養うため早く寝るので、お休みなさい!

お客さん、旅人

8月14日のKibochan

Kibochan、シカゴに来て一週間になるところ。この一週間は忙しがしかったし、時差で眠かったし、英語で苦労したけれども病気にもならないで、よく頑張ったね。Kibochanは気力があるよ。

さて、今日は日曜日。夏期聖書学校の総ざらい。昨日はどうなるかと思ったけど、お父さん、お母さん、それに大勢の人が来て見ていると思うと小さい子でも緊張するのでしょう。みんなよくやった。礼拝中なので写真は撮れなかったけど、昨日の写真で分かるように、Kibochanもよくやった。

礼拝のあとはいつものようにドーナツとベーグルを食べて、仏教会が主催する夏のお祭りを見に行くことになった。
2 Ginza 1 2 Ginza 2
着いたら丁度太鼓の演奏をしていて、それを見ているKibochan。そのとなりの写真はうどんのランチを食べているところ。太陽の光のしたで、携帯電話で撮ったので全部頭が切れちゃって残念。
うどんとトウモロコシをランチに食べた。今夜の夕食用のチキン照り焼きも買って、今夜は夕食の支度なしでやれやれ。
2 Ginza 3 2 Ginza 4
フラダンスとハワイの歌を聞いて、写真を撮っているKibochan。
このあといろいろな出店をみて回り、またまたショッピング。手作りだけど日本的なものが多かった。

4時にはエルサとまた出かける約束があったので、フラダンスのあと帰ってきた。

帰ってきたのが丁度よい時間だったので、エルサと直ぐに出かけて行った。
1 Fashion 3 3 Nail 2
夕食前に帰ってきて、nail、手足の爪を塗りに行ったそうだ。お洋服に合うきれいな色に塗ってきた。

今夜はあまり眠くないって一生懸命買ったものを整理している。

昨日は眠くて直ぐに寝てしまったのでファッションショーをしてくれたのに写真をブログに載せられなかった。そのときとったに、三枚をのせよう。
1 Fashion 1 1 Fashion 2
飛行機の中で着なければならない長袖のシャツやら、いろいろ買ってもらったらしい。さすがショッピングが好きなだけあって、買うのが上手。買ったものは自分の好きなもの。渋い色合いが好きなのにはびっくり。
3 Nail 1
この靴を買ったらバックパック、定価40ドルもするものをフリーでくれたそうだ。ピンクはこれが最後だったとか。

明日は一日学校の宿題をする日にした。明日は宿題をする日にしなさいと言ったら、ありがとう、宿題をする日を作ってくれてと言っていたから、気になっていたのでしょう。宿題が全部終わるように祈っていてあげてくださいね。

お風呂場のタイルが悪くなってしまって、明日それの修理に来ることになっているのだけど、一日お風呂に入れないので、今夜はゆっくりお風呂に入って寝ましょう。天気は寒いくらいでよく寝られそう。明日は目が覚めるまで寝せておきましょう。

じゃ、お休みなさい。

お客さん、旅人

Kibochanの8月13日

今日は夏期聖書学校(VBS)の最後の日。先生はじめ、多くの働き人もHirokoも忙しい、忙しい。でも可哀想だったのは小さい子供たち。いつもの2時間半に加えて、もう1時間、明日の礼拝のときにするお歌の練習。ちょっとぶっつかったと言っては泣くし、お母さんはどこと泣くし、大変、大変。でも歌のリーダーが何とかしてくれるでしょう。

明日は礼拝中なので写真が撮れないので、何とか練習しているときに全部撮りたいと思ったけど、そういう訳で泣き始めた子供たちの世話で全部は取れなかった。でも何とかKibochanがするのは撮れた。

まずは全員入場。Kibochanのクラスが一番あとだったし、Kibochanと友達になったStephanieとが最後になったので二人の写真が撮れた。このVBSの主題歌を歌って踊っている二人とみんな。
VBS LastD 1 VBS LastD 2

小さい教会だけどこうやって子供たちが列を作っているのを見ると大きいね。
VBS LastD 3
リーダーの次の歌の説明を聞いている子供たちと先生、ヘルパーたち。

さて、明日のプレゼンテーションで一番はじめにする一番小さい子供たち。
VBS LastD 4 
一緒にこうやって階段に座らせるだけでも一苦労。3、4歳の子供たちだからね。でも一生懸命歌っていた。

このあと二クラスがあるのだけど、この小さい子たちをベースメントに連れいていって、世話をしているうちに終わっちゃったので写真が撮れなかった。

礼拝堂に行ったら、丁度Kibochanたちのクラスがスキット(小劇)をはじめるところだった。
VBS LastD 5
Kibochanは、はじめと、区切り区切りでピアノを弾いて、人々の注目を引く役目だった。明日はちゃんとやってね。大丈夫だろうStephanieがそばについているらしいから。Stephanieはナレ-ターらしい。昨日の聖書の言葉"Patience"(忍耐)ということの劇だった。二人の息子がいるお父さんの話で、弟のほうが今自分がもらえる財産をくれと言ってお父さんから財産を分けてもらい、街に行って放蕩三昧をしてお金を全部使ってしまった。そしてお金のなくなった人を誰も相手にしてくれず、とうとう豚のえさを食べなければ生きていけないようになったとき、この息子はお父さんを思い出し、家に帰って謝ろう、自分は本当に悪いことをした。そしてお父さんのところに雇い人になろうと言って家に帰ってきた。それを見たお父さんは走りよってその息子を抱きしめ、待っていたかいがあった。死んだと思った息子が生き返ったと言って息子を歓迎した。そのお父さんの悪い息子を待つ忍耐は、何と素晴らしいことか。そのように天の父なる神も私たち一人一人を天国に招きたいと待っていてくださるというお話の小劇をする。

スイカを食べたあと、Kibochanを旦さんといっしょに家に帰えした。エルサに長袖のお洋服を買ってもらうんだって。半そで、袖なしだけで飛行機のなかが寒かったそうだ。それで今(午後5時)エルサと一緒にシカゴの街の中のお店に行ってショッピングしている。

今日はこれだけにしようか。また後で書き足すかもしれない。買ってきたもののご披露やら、夕食の風景の写真を撮ろう。

ショッピングから帰ってきて、ああ、いい匂い。お腹すいたってと言って、ステーキを美味しい、美味しいって食べてくれて、ああお腹いっぱい。疲れた。疲れた。でもファッションショーしようって、買ってきたものを見せてくれた。そしてたくさん買ってもらってハッピー、ハッピー。サンキュウ、エルサ。

疲れちゃった。お風呂に入って寝なさい。そんなところで転寝してないで。うん。でも疲れちゃった。お風呂入る元気がないよ。それじゃ、お風呂は明日にして寝なさい。はーーーい、そうします。と言ったかと思ったら、もう寝ちゃった。

このコンピューターの部屋に寝ているのだから、もうこれ以上書かないで、止めましょう。

Hirokoも、お休みなさい!

お客さん、旅人

8月12日のKibochan

Kibochan、今日は朝ちゃんと目が覚めて、Hirokoと一緒に教会へ。

VBSは、まずみんなが礼拝堂に集まり、神に感謝を捧げ、主のみ名を讃美する。今日もVBSの主題歌を歌って、神を讃美し、お祈りをしてVBSのはじまりのセレブレーション。
1 Celebration 1 1 Celebration 2
1 Celebration 3 1 Celebration 4
1 Celebration 5
Kibochanも一緒になって歌をうたい、歌に合わせて、手や、体でモーションをして楽しそう。教会から帰って、感激、感激と言っているから何をそんなに感激しているのかと聞いたら、英語ができなくても、友達ができて、感激なんですって。この女の子、中国から貰われてきて、日本人の若いカップルに育てられている。Kibochanより一つ年下。でも優しくて、お行儀がよく思いやりのある子。来年、Kibochanを尋ねて日本に行きたいとママに聞いていた。どうなるか。ママは一人で行くのはね。。。と言ったらKibochanだって一人で来たと言って反発していた。この子とは来週の火曜日も、またKibochanの行きたい遊園地にも一緒に行くことになっている。

今日はKibochanのクラスともう一つある大きい子たちのゲームの時間を写した。
2 Games 1 2 Games 2
2 Games 3 2 Games 4
2 Games 5
こんなに多くの子がいるのに、遊びの道具は一つなのでみんな待っていなければならない。何が別なものをと言ったら、今日のお勉強は「忍耐する」というお勉強なのだから、忍耐して待つということをここでも学んで欲しいとのゲーム係りの先生のことば。みんな待っている。Kibochanは女の子たちと何となく通じ合っているよう。そのため寝てるときうなされているみたいだけどね。

教会が終わり、家に帰って着替えをし、ミシガン湖へ。
3 Lake 3 Lake 2
3 Lake 3 3 Lake 4
Kibochanとミシガン湖。大きいね。海みたいだね。凄い、すごいと連発。そしてどうしてもこの大きさの湖というのが納得いかないらしく、水をなめて見て、この水塩辛くないよともう一度びっくり。そうだね。海じゃなくて湖だねって一人言。

ミシガン湖で遊んだし、さて家に帰る前にミニショッピング。お友達に、先生たちに何がいいかって心を配っているので、何かいいものがあるか見て歩こう。ミシガン湖まで15分、そしてまた帰りも15分、お腹が空いちゃったので、その前に三時のおやつにしましょう。
3 Lake 5 4 Crepe desserts 2
フレンチ・クレープのお店に行った。はじめ何が出てくるか心配だったらしいけど、出てきたのを食べて美味しかったって。写真をいっぱい撮っていた。

ここは家の近くなのであちこちふらふらと歩きまわったが、Made In U.S.A.というのを見つけるのは大変。殆どのものが中国製で、Kibochanびっくり。

お客さん、旅人

Kibochanの8月11日

Kibochanがシカゴに来て今日で4日目。時差の疲れが出てきたらしい。はじめの二、三日はきっと緊張していたんでしょう。朝も早く起きられたし、元気そうにしていたけど、今朝は起きられなかった。

Kibochan、おばちゃんはもう出かけるよ。ええ、何処へ行くの。今、変な夢見てた。そういえば昨夜も寝ていたとき何かうなされていたようだったけど、どうも英語を分かろう、話そうとしているうちに日本語も分からなくなって、戸惑っていたのでしょう。可哀想に。でも外国語を勉強する人はみんなこの道を通るのよ。今朝も起こしたとき、自分が何処にいるのかも分からなかったのかもしれない。それでもおばちゃん先に教会へいくから、あと30分したら必ず起きて、おじさんに連れてきてもらいなさい。うーん、そうすると返事したから分かったのでしょう。旦さんに聞いたら、ちゃんと起きたって言っていた。旦さんはVBSが10時にはじまるのかと思ったんだって。そのためKibochan、今朝は遅刻だった。

Hirokoの教会の牧師先生方。
4 Bokushi 1 4 Bokushi 2
二人とも忙しい、忙しいと言っている。することが一杯あるのでしょう。

VBSでは、ゲームをやったり、工作をしたり、おやつを出したりするので、その係りの人たちは下準備にそれぞれ忙しい。
2 Crafts 1 2 Crafts 2
この二人は工作のかかり。今日はJOY喜びを与えてくださる神様について勉強。それでそれに関連した工作を準備中。

おやつを食べる時間。
6 Kibochan 1
Kibochanのクラス。美味しそうにローストビーフのサンドイッチを食べてる早希。

小さい子たちはゲームの時間。
5 Games 1
こんな子供たちができる遊びって考えるのが難しい。ゲームの係りは学校の先生だから、いろいろゲームを知っていて合わないゲームは直ぐにほかのゲームに変えられるのだから、さすが!

二回にあるクラスの一つ。クラスは全部で四つある。平均出席人数は8人。
3 2-3-4 G 1 3 2-3-4 G 2
3 2-3-4 G 3
これは2,3,4年生のクラス。写真ではある聖書の言葉を暗記しているところ。ゲームで暗記させている。

VBSの後、Kibochanはお友達ができて、その子たちのお母さんに連れられて、その子たちのうちに遊びにいって一夕を過ごしてきた。今がVBSの宿題をやっている。愛について、と喜びについての宿題だった。Loveについては、お父さんとお母さんにシカゴに送ってくださってありがとう。シカゴで楽しませてもらってありがとう。I Love You、Father and Motherと書くのですって。喜びのほうはシカゴに来られて嬉しかったと書くのですって。

なでしこさんにいただいた甚平。
1 Jinbei 1 1 Jinbei 2
なでしこさん、どう思う。よく合ってるでしょう。夏の暑いときは一番。麻だからごわごわしていて風通しはいいし、肌に優しくとても着安いと喜んでる旦さん。なでしこさん、どうもありがとうございます。

お客さん、旅人

Kibochanの8月10日

今日から2011年デボン教会のVBS(Vacation Bible School)のはじまり。Hirokoはあれこれ心にかかり、忘れ物はない、どんな子供たち、子供たちの送り迎えのことなどのことで目が覚めちゃった。Kibochanも目を覚まし、すっかり用意ができていたので、二人で朝ご飯を食べて、早々と心にかかる教会へ。8時半に着いちゃった。
1 DCJC 1 1 DCJC 2
デボン教会の正面玄関で。

Kibochanに早く来た子供たちが食べる朝食を配ってもらったり、手伝ってもらった。

9時半には、はじまりの集会。始まりのお祈りをしたり、讃美の歌を歌ったり、ルールの話をしたりした。ルールは大切。楽しむにはみんなそれぞれルールを守らないと危険なことが起こったりするから、ルールを守るのは大切。そしてそれぞれ年齢に応じたクラスのはじまり。

これはKibochanのクラス。
2 Class 1 2 Class 2
2 Class 3 
2 Class 4 2 Class 5
これは聖書の勉強の時間。今日はキリスト教の神は愛の神。イエス・キリストは人々に愛を説いて歩き、人々を愛するあまり十字架で死んでくださったとのお話。Kibochan何か質問されたけど英語が分からなくて答えられなかったって。みんな早く話すので分からないって嘆いていた。
2 Class 6 2 Class 7
今日の工作はクッション。Loveを飾りとしたクッションを作った。

今日のおやつは何?
3 Food
台所で今日のリフレッシュメントを作っている人たち。ホットドッグとプレッツオとブドウ。Hiroko、10分では小さい子は食べられないよ。でももう10分で時間組んじゃったから。明日はもって帰えれるようにジップロックの袋をお願い。はい。

2-3歳のクラス
4 2-3 Class 1 4 2-3 Class 2
4 2-3 Class 3
やはり聖書のお勉強したり、クイズに答えたり。楽しんでいる子供たち。カメラを向けたらポーズする子もいた。

工作、おやつのほかにゲームの時間もあったんだけど、写真が全部ぶれちゃったので、また明日。

終わりの集会をして8月10日のVBSはまずまず終わり。

VBSが終わったあと、近所のデパートへショッピング。Kibochanショッピングだけでなく何か見るとかしたいことないの。湖は見に行かないの。そうね今日は疲れちゃった。さすがHirokoはやれやれとの気持ちと一緒に疲れがどっと出た感じで、ショッピングのあとはどこへも行けなかった。

家に帰ったら、胡瓜がお水、お水と叫んでいた。Kibochan、またお水お願いね。
5 PorchG1 5 PorchG2
5 PorchG3
Kibochanはお水をあげたら10分もしないうちに葉がこんなにもちゃんとするのよ。びっくり。胡瓜は本当にお水がいるね。

はい、これはKibochan
6 Kibochan
3時にNHKのニュースを見ながら眠っちゃったKibochan。そうよね。時差のこともあるし、8時半から12時半まで4時間たっぷり英語だけ聞いていて、一所懸命分かろうとしたんだから、それは疲れたでしょう。3時から7時までたっぷり昼寝。どこへも行かないでゆっくりできてよかった。疲れていたんだね。スパゲティーと納豆のご飯ができたよって、何回か起こしたんだけど起きなかった。よほど眠かったのでしょう。今晩寝られるといいね。

Kibochanとエルサ
7 Kibochan
今朝エルサが髪の手入れをしていたのをみて、自分もしたいと言ったのでエルサがやってあげた。綺麗なカールになったけどお風呂に入らなければならないので残念。

雪華さん、なでしこさん、
コメントありがとう。毎日の日記書きで、一人一人にお返事できないけど、ごめんなさい。

ところでなでしこさん、エルサはあなたのことをよーーーく覚えているって。特に北海道へ行ったときのこと。帯広のボーイのことも。帯広でも札幌でもとっても楽しかった、一緒に行ってくれてありがとうって。

箱庭さん、あなたのブログにもお尋ねできないでごめんなさい。Kibochanがここにいるのは少しの間なので、Kibochanが帰ったら、またあなたのブログも楽しませていただきますね。

お客さん、旅人

Kibochanの8月9日

Hirokoの家の習慣で、火曜日は洗濯日。
Kibochan時差の問題がないらしい。Hirokoたちは毎日8時までは眠るよと言ったら、へえー、8時なんてびっくりしていたのに、Kibochanは8時になってもよーーーく眠ってた。起こすのが可哀想だったけど起こしたら元気に起きて、よく眠れたって言っていたので一安心。

まずランドリーマット(洗濯するところ)へ行って、洗濯機をかけてから、朝ごはんを食べに。
1 Kibochan McD1 1 Kibochan McD2
マクドナルドへ。美味しいそうに食べてるでしょう。

さて、朝ごはんが終わって洗濯やに戻って、
2 Kibochan Sentaku1 2 Kibochan Sentaku2
Kibochan、よーーーく働いてるでしょう。洗濯機から洗い終わったものを出して、ドライヤー(ああ乾燥機かって)に入れたところ。

Hirokoのカイロに付き合って、靴屋さんに行ってスリッパを買って、ああ、穿きやすいって。Hirokoはびっくり。同じような靴が日本のほうが安いのですって。

さて、穿きやすい靴も買ったし、お昼も食べたし、どうしようか。そうだショッピングに行こう。旦さんに運転お願いして、シカゴのダウンタウンへ。

お金をどっさりと、写真機とを手に持って出てきたので、バンドバックか、バックパックは?持ってないよ。
2-2 Kibochan NapSack
それは大変。ほらお母さんから貰ったバックパックを貸してあげるよ。あれ大好きだから使いたいけど、Kibochan使いなさい。これに水もエネルギー補給のスナックバーも入れて、そのお金もコレだけもってあとは家においときなさい。はい。

旦さんい運転してもらって、まずお望みのディズニーストアーへ。
3 Kibochan Desiny1 3 Kibochan desiny1-1
3 Kibochan Desiny3 3 Kibochan Desiny5
Kibochan、この中は安全だそうだから、自由に何処へ行ってもいいから、好きなだけ見てらっしゃい。Hirokoは入り口に座って心配だから見張りしながら待っていた。ディズニーを堪能して見てきたと思ったのにまた来るって。

その後は買わなかったけど、珍しいお店をあちこちと。
4 Kibochan Lego 4 Kibochan LegoEnt
5 Kibochan AG
レゴとアメリカンドールのお店へ。

その後は服やさんに行きたいとのことであちこちと見たけど、問題はHiroko。洋服には全然興味がないので、どんなお店がいいのか分からず、どこのお店もKibochanには合わない。可愛い十代の子供をついれている一家に聞いて、21Foreverというお店がいいと言われて行ったら、Kibochanの目がぴかぴか。Elsaがそのお店は若い子たちには一番人気のお店なんだと言ってくれて、Kibochan大喜び。また行きたいよとのこと。

さて、帰りは電車に乗って帰ってきた。

昨日も、今朝も、裏口からしか出入りしてなかった。ガレージは裏だし、裏から出るとお買い物には便利だから。
6 Kibochan FrontEnt1 6 Kibochan FrontEnt2
やっとHirokoの玄関口の前で写真をとった。

Hirokoは夕食の支度に忙しい。チキンカツで油を使ったので夕食の支度は無理。それでも持ってきてくれた黒胡麻のクリームで味を見ながら胡麻和えを作ってくれた。そのあと、Kibochanお水あげて。
7 Kibochan PorchG1 7 Kibochan PorchG2
Kibochanはポーチガーデンの胡瓜、しし唐などなどにお水をあげてくれた。

教会に行って明日の用意を少しするためHirokoは教会へ。Kibochanは宿題しなさい。さてどれだけ宿題したかな。

これは今朝、エルサが出かけるところをみたら雪華さんのスカーフをしていた。
z - Elsa 1 z - Elsa 2
時間ある、写真とらして。写真を二枚撮った。

さて、10時過ぎちゃった。明日からVBSで朝早いし、寝ましょう。Kibohanはなれたのでしょう。もうお風呂も入り、寝られるらしい。お休みなさい!

お客さん、旅人

Kibochanが来ました

8月8日午後2時25分、ユナイテッドでKibochanはオーヘアへ到着。

同じごろオーヘアのインターナショナルのアライバルゲートに着いた旦さんとHirokoは、さてAかBか。出口が二つあるのだけれども、着陸予定表に、Kibochanの飛行機、今、着陸と出たけれども、出口かAなのか、Bなのかの表示なし。さて、どうしようか。旦さんがBだよ、と言うのでBの出口へ。
Kibochan come 1 Kibochan come 2
これはAの出口
Kibochan come 3
着陸予定表のあるところ
Kibochan come 4
ここが出口B

エスコートサービスをお願いしたのだから早くに出してくれるのかと思ったのに、エスコートサービスの人たちは一番最後とか。そういえば日本からより前に着いた飛行機の人たちが出てくるのを見ていたら、車椅子の人は最後のほうになってたから出てきた。Kibochanもきっと遅いのだろうと、はやる心を静めていた。
Kibochan come 5
待つことしばし、約40分後にやっと出てきた。
残念、写真がよくとれなかった。直ぐに分かって、Kibochanと呼んだら、こっちを見てくれた。エスコートの人といろいろ話して、やっとKibochanを正式に渡して貰った。移民局ででしょう、あなたとこの人(Hiroko)との関係はと聞かれ、Kibochanは、「この人は私のお祖母さんのお姉さん」と英語でちゃんと答えたそうだ。

エスコートの人にこのスーツケースは凄く重いと言われ、さすが旦さんはカートを押して、エレベーターで行こうと言った。
Kibochan come 6
Kibochan come 7
Kibochanと旦さん。旦さんの車の側で。

さて、家について、重たい、重たいスーツケースからご飯とお餅とおソバをガレージの中で取り出し少し軽くして、箱もスーツケースも出した中身も、三人でやっと家に運び入れた。箱から、スーツケースから出した中身のお土産の凄いこと。旦さんが凄い、すごいと連発していた。写真をとればよかった。ダイニングのテーブルの上から、台所のテーブルは勿論、大きな冷凍庫の上までいっぱい。

旦さんはすてきな上着とパンツを貰ったよって喜んでいた。

Hirokoは好きなものが一杯で気が転倒しそう。これから美味しいものがたくさん食べられるね。涼しくなるのが待ち遠しい。あれもこれも煮て食べたい。おソバを早速、明日の昼食に食べよう。それから漬物も明日。今夜はハンバーガーなので漬物は合わなかった。

そのあと早速Jewelというマーケットに食べたいもの、泡のお風呂に入りたいとのことで、いろいろ買い物して帰ってきたら夕食の時間だった。夕食が終わり、いただいた多くのお土産を片付けた。

エルサが帰ってきたので、ドレスを見せたら大喜び。明日着ていくと言っていた。それから今ある麦茶より、このほうが味がいいとのKibochanの意見で、早速麦茶も作った。雪華さんにいただいた草木染めのスカーフ、布は大喜び。エルサはピンクがいいって。お店やさんができるね。大きいのと小さいのと一枚づつ、リサにもあげてつかわしもらうね。

エルサは夕食の後、Kibochanといろいろ話してくれて、Kibochanの宿題を見て、日本の歴史の勉強などしていた。
Kibochan come 8
Kibochanとエルサがいろいろ話しているところ。

Kibochanは今泡のお風呂に入って終わったらしいので、この旅人写真日記もおしまい。お土産の凄かった写真。Jewelマーケットの写真。夕食の写真を撮り忘れて残念。

じゃ、また明日。お休みなさい!

お客さん、旅人

希望ちゃん来シカゴ

英語が分かるか試したと言って、妹の孫、希望ちゃんがやってくる。
Kibochan.jpg
こんな素敵なドレスで来るっていうから、飛行機の中で小さな椅子に10時間以上も座っているのだから、トレパンなどゆったりしたものを着て来たほうがいいよってサジェスチョンしたところ。普段のお洋服で来るんだって。

さて、寝るところを用意してあげろう。
08-07 Kibochan 1
いつものように、このコンピューターの部屋で寝てもらうことにする。希望ちゃんだけがくるから、コンピューターはこのままに置かせてもらえて、大助かり。でもエクササイズの機械やらなにやらを片付けなくちゃ。

Changed Room 1 changed room 2
changed room 3
後片付けをしたところ。ルーム・クーラーを置いてあげた。これはそんな音がしないし、夜中中つけても大丈夫だし、温度もコンとロールできるから便利。クローゼットの中も片付けて、スースケースなどはそこに入れもらおう。

明日の午後シカゴに到着。

今週は水曜日から5日間、Hirokoの教会で夏期聖書学校があるので、午前中はそこに出席してもらって、同年代の子供たちと話をして英語をためしてもらう。英語と日本語の聖書を送ったので、来たら旦さんといっしょに英語の聖書を読み、暗記を勉強してもらおう。

明日から希望ちゃんの様子を写真ともども載せるから。また明日ね
プロフィール

Tsukasa Hiroko

Author:Tsukasa Hiroko
初めの家は塵でできており、砂の上に建っていました。
四十年前にシカゴで木の家を岩の上に建てさせていただきました。
今はレンガの家が岩の上に建つようにしていただいたようです。
金の家になれる日を望んでいます。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
訪問者数

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ