FC2ブログ

雨が降り、洪水が押し寄せ、風が吹いてその家に打ち付けても、倒れることはない。岩を土台としているからである。

シカゴあれこれ

シカゴ、3月の狂った気温

暖かいところに住んでいる人には可笑しいことのように思えるでしょう。でもシカゴの3月に、温度が25度以上の日が8日も続いたり、いろいろな花々が咲き始めたり、カーディナルやロビンが飛び交っているのを見ると、どうしてもブログのニュースにしたくなる。

シカゴの通常の3月の気温は零下から5度前後、雪も降り積もり、凍てついた道か、そうでなければ雪解け道をビチャビチャと歩かなければならない日が多い。それなのに今年2012年の冬は、気象学者が驚いている。気象学上からすると歴史的暖冬気温だそうだ。
1 weather 1 1 weather 2
これは3月18日(日)にテレビに載ったこれからの週の予報気温だ。この前の週、即ち3月12日から18日までの一週間は全部80度以上だった。華氏80度は摂氏にすると25度前後。
1 weather 4 1 weather 3
3月21日にテレビに載ったその日の気温
シカゴがフロリダ、南カリフォルニアより暖かい。シカゴの冬から逃げ出して、フィニックスへ行った人たちが、シカゴに帰りたいと言ったそうだ。

こんな天気のために狂ってしまった自然界の様子をご覧ください。
2 flower 1-1 2 flower 1-2
2 flower 3-1 2 flower 3-2
2 flower 2-1
狂い咲きをしている花々。いつものシカゴなら4月の中旬にならなければ咲かない花々が見事に咲いてる。
「雪ノ下」は3月9日に、
「水仙」「フリージャ」は四、五日あとの3月14日に、
2 flower 7-1 2 flower 7-2
2 flower 7-3 2 flower 7-4
木蓮
2 flower 4-1 2 flower 5-1
2 flower 6-1 2 flower 8-1
2 flower 9-1 2 flower green
「木蓮」「連翹」「フリージャ」「チューリップ」その他の名前を知らない花々とグリーンは、3月18日に撮ったもの。

鳥の写真を撮るのは難しい。
3 red bird 1 3 red bird 1
やっとこのカーディナルを撮った。胸のところが緋色なのが見えるでしょうか。この鳥も、ロビンも3月にシカゴに来るなって、本当に狂ってる。写真が小さくて鳥が見えないね。残念!残念!

でも、こんなに美しい自然を冬の最中に見られるなんて、感謝、感謝。

それに天気がいいし、外出する人が多く、みんながショッピングするので、経済にも響いているとか。

ただ、雪ノ下も水仙も、背が高く、のびのびとしていないし、花が小さいでしょう。写真だから分からないでしょうけど、どの花もとっても小さいし、固くしまった咲き方をしていない。色も薄そうに見える。可笑しなことにチューリップが咲いてないのは、どうしてでしょう。小さな、早咲きのチューリップでしょうね。一つだけ見た。そのほかのチューリップはやっと、やっと蕾をつけている。

寒い、寒い気温と戦って咲いた花のほうがずっと見事な花になるのでしょう。

「若いときの苦労は買うてでもせよ」とか、「艱難、汝を玉にす」とかの諺があるように、人間も苦労、苦難、艱難と戦って生活した人たちの多くが、素晴らしい人になるようだ。

聖書にも、こんな教えがある。続きを読んでください。
---------------------------
スポンサーサイト



プロフィール

Tsukasa Hiroko

Author:Tsukasa Hiroko
初めの家は塵でできており、砂の上に建っていました。
四十年前にシカゴで木の家を岩の上に建てさせていただきました。
今はレンガの家が岩の上に建つようにしていただいたようです。
金の家になれる日を望んでいます。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
訪問者数

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ