FC2ブログ

雨が降り、洪水が押し寄せ、風が吹いてその家に打ち付けても、倒れることはない。岩を土台としているからである。

お客さん、旅人

Mikichan 第四日目

前日、大事をとって休んだせいか足はもう痛くないと言ってる。ショッピングへ行きたいからかな。ビッコをびっこをひいて歩いていないから大丈夫な何よりの証拠かな。

毎週火曜日は旦さんとHirokoの洗濯日
Mikichan、洗濯の日。早く起きてね。そうそう夕べは凄かったね。あの雷さま。Mikichanは雷様大丈夫。うん、大丈夫だけどあの音では目が覚めてしまうね。本当に!凄い音だったね。旦さんはじめ、エルサもみんな起きたものね。Mikichanはあのあと眠れた。うん眠れたよ。Hirokoさんが起こしてくれるまで寝ていたよ。ああ、良かったこれで時差の問題は解決。
さあ、洗濯に行こう。Mikichanは家でも自分のものだけは洗うことにしているのでこれだけのものは平気、平気って。

洗濯するものを洗濯機に入れたので、朝ご飯を食べにマクドナルドに行きましょう。
1_20120801125826.jpg 2_20120801125826.jpg
マクドナルドで朝ごはん。Mikichanのお兄ちゃんも、Kibochanも洗濯の合間にマクドナルドで朝ごはんしたね。
3_20120801125826.jpg
Mikichanは旦さんが家に帰って半乾きの洗濯物を干すのを手伝って帰ってきた。Mikichanは方向音痴じゃないね。間違いなく帰って来てくれたもの。良かった、良かった。Hirokoは自分が方向音痴だから心配だった。
4_20120801125825.jpg 5_20120801125825.jpg
Mikichanのお兄ちゃんも、Kibochanもこうやって洗濯しの。そうだったね。二人ともここで洗濯したね。
6_20120801125824.jpg
洗濯が終わって洗濯物を入れたカートを引っ張ってくれるMikichan。本当によく手伝ってくれるね。気がつくというのか、人への思いやりがいいのか、BeautyMindchanって名前にしようかって思ったHirokoの思いは当たっていたね。

洗濯も終わり、予定していたショッピングに。
7_20120801125707.jpg 8_20120801125707.jpg
まずはバスケット用品を入れるバッグを買いに七階建てのスポーツマートに。でも欲しいバッグはなかった。残念、無念。

1時近いけどお腹すかない。運動していないからすかないよ。でも1時だから食べよう。あそこのお店には面白い動物の剥製などがあるお店らしいけど、食べ物はアメリカのもの、ハンバーガーやホットドック。それともイタリア料理にしようか。Mikichanはもう大人だし、イタリア料理の美味しいのを食べに行こう。Maggiano'sというイタリア料理のレストランで昼食。美味しいパン、サラダ、フラットブレッドというピザのようなもの、パスタのセクションにあったけどパスタなしのチキン。どれも全部美味しかった。でも塩気が多かったかな。
いつものことで食べるのに忙しく写真を撮るのを忘れちゃった。
それからもっと不思議なこと。エルサの友達がここのレストランのマネジャーで、その人がHirokoとMikichanの食事代を払ってくれた。どうなっているのでしょうね。

さてレストランを出たら、マクドナルドがあった。
9_20120801125706.jpg
ここのマクドナルドは観光客が沢山くるらしい。いろいろなスタチューがあり、Mikichanも喜んで写真を撮っていた。
そうそう、向かい側に一人で行って写真を撮って帰ろうとしたら、男の人が話しかけているのでHirokoはびっくり。よく見たらお金をくれと言っているらしかったのでMikichanに手まねして早くこっちにおいでと言った。何ごともなくて良かった。
そしてこちら側に来たら、今度は一人の女の人にカメラを渡されて写真を撮ってくれと言われてMikichan大変、大変。
この辺り観光客や、観光客目当ての物乞い、それにすりも、物取りもいるから気をつけなくちゃ。本当に何ごともなくて良かった。主よ、ありがとうございます。旦さんが毎日Mikichanを守ってくれってお祈りしていてくれて、神さまがその祈りを聞いていてくれたので感謝、感謝。

その後はデズニーのお店に。ここで写真撮った筈なのにカメラに入ってなかった。どうしてだろう

そして21Forever(永遠に21才)のお店に。値段も手ごろで若い人向きのお店。
9-1.jpg 9-2.jpg
9-3.jpg
ここでは何枚もってFiting Roomに行ってもいいのよ。日本では二枚だけだよと言いながら、あれこれと選んで四、五着もってFitting Roomへ。肩がこんなに開いていて、長袖なんて可笑しいね、どんな季節にきるんだろうね。着るときはたくさんあるよ。こんなの札幌にないからコレ欲しいな。でもどうしようかな。止めようかな。これも欲しいな。これは絶対に買う。やれやれ決断の難しさ。

やっと決まって、今度は太郎君が行ったレゴのお店に。
9-4.jpg 9-5.jpg
お兄ちゃんたちにはレゴがいいかな。凄いねこのレゴのお店。

さあ、疲れた、疲れた。帰りましょう。電車は満員。でもやっと座れてよかった。
電車を降りて家に向かって歩いていたら、足首はつるような格好して、歩けないよ。痛いよって驚かされたHiroko。日本に電話してMikichanのお父さんの決断でお医者さんに行くことにした。Emergencyに行かない限り、次の日は水曜日でお医者さんはお休み。それに水曜日はミシガン湖畔でピクニックをして、ミシガン湖で水泳の予定。あまり歩かないから大丈夫かな。今晩よーーーく冷やしたし。Mikichanは大丈夫、大丈夫と言っている。明日の朝、Hirokoのお医者さんの事務所に電話してみよう。木曜日に診断してもらえるといいのだけど。
スポンサーサイト



お客さん、旅人

Mikichan 第三日目

第三日目、7月30日はお休みの日。
前夜、Sun Shineレストランでの夕食が終り帰るとき、ビッコをひいていたのでびっくりして聞いたら、足首が痛いとのこと。なんだか少し腫れているようで心配した。前にもやったことがあって、お医者さんには行かなくても二、三日で直るからと言って、コンピュータをやって、本人は眠い、眠いと言って寝てしまった。まだまだ時差があるし、前日の日曜日には一日英語の中にいて、一生懸命一つでも英語が分かろうとみんなの話に耳を傾けていたそうだから、その疲れは大変なものだったろう。眠い、眠いで寝たくなるのも当たり前。コトン、キューで寝てしまった。それでもやはり朝は3時ごろ目が覚めて、眠れなかったけど、6時頃から少し寝たとか言っていた。

8時に歩きに行く時間になったけど、足の腫れはなくなって、普通に歩くにはビッコをひかなくても歩けるけど、今朝は歩け、歩けには行かないでゆっくりして、シャワーに入るとのこと。それじゃ、シャワーに入って前日買ってきたシリアルとドライフルーツで朝食にしてと言って、一人で家に置いて、歩け、歩けに行って来た。帰ったらシャワーに入り、朝食も済まし、気分がいいし、足も随分良くなったから大丈夫とのこと。お医者に無理にでも連れて行くようかと思ったけど、本人は大丈夫、大丈夫というし、旦さんもHirokoも朝食をして、今日の予定、Sam”s Clubの買い物に出かけることにした。Mikichanも自分も一緒に行くと言うので足の具合を見ても腫れていないし、それでは一緒に行こうと出かけた。

Sam's Clubでは、札幌の「コストコ」と同じようなものが一杯あるといって不思議そうな顔をしていた。
Sams.jpg
旦さんとMikichan、Sam's Clubでの買い物が終わって。
Mikichanは自分の買ったものはちゃんと自分の袋にいれて持って歩いた。重いものをもたないほうがいいと言っても大丈夫、大丈夫と、自分の買った重いもの、そしてHirokoのショッピングのものまでガレージから二階まで運んでくれた。

次の日はシカゴの街の中へショッピングに出かける予定で、そうなると歩かなければならないけどと言ったら、午後に予定していたショッピング、バスケットボールは取り止めにして家にいて、なるべく歩かないようにするとのこと。それじゃ宿題をしなさいと言って、午後は眠ることもなく一生懸命に宿題をしていたようだ。
Homework_20120731140628.jpg
台所のテーブルに座ってするように言ったけど、足を上にして置いたほうがいいとのことで、うちの娘たちもよくやっていたが、ベッドに寝そべって勉強していた。

という訳で、写真もあまり撮らなかったし、書くこともないし、Hirokoもついでにゆっくりと休ませてもらった。

Mikichanの足の具合も随分よくなったようだし、時差もきっと今夜はなくなって、よく眠ってくれるでしょう。

お客さん、旅人

Mikichan 第二日目

さて、日曜日。毎日曜日、旦さんとHirokoは教会へ行くので、8時半に教会へでかけることを昨夜のうちにMikichanに知らせておいた。時差のためでしょうね。昨夜は3時ごろ目が覚めて、その後いくら寝ようとしても全然眠れなかったって。その上お腹はすくし、ますます目が冴えたようだった。7時半にHirokoが台所に立ったら、それを待っていたように出てきた。早速パンケーキとソーセージを焼いて食べさせた。やっと人心地がついたようだった。

教会ではあれこれしなければならないHirokoの後をついて来てはいろいろ手伝ってくれた。そして礼拝のはじまりに一緒に座って、そのあとMikichanは日曜学校へ。日曜学校の写真を撮らなかったなあ。

午後はナーシングホームを訪ねる日なので、その準備にいろいろ忙しく、パペットをする高校生の中に入れてもらって一緒にいろいろな準備に忙しくしていてくれた。Mikichanもパペットを使わせてもらって楽しそうだった。
1-2_20120730114819.jpg 1-3.jpg
ナーシングホームにだかける前にみんなでランチを食べているところ。これからこの若い人たちはパペットの練習をするのだからしっかり食べてね。

1-4.jpg 1-5.jpg
Mikichanも仲間にいれてもらい、パペットを使わせてもらって、1時間ほど練習した。Mikichanは重いものを持ってよくみんなを助けてあげていた。サンキュウ!サンキュウ!

さて、そのあとはナーシングホームに出かけた。
2-1_20120730114733.jpg
これがナーシングホームの正面。
2-2_20120730114732.jpg 
このはナーシングホームの食堂。昼食が終わったばかり。
2-4.jpg 2-5.jpg
2-6.jpg 2-3.jpg
多くの人が連れてこられて、一緒にパペットショーを見て、歌を歌って楽しんだ。Mikichanは全然しらない歌でも一生懸命歌おうとしていた。

もう一軒行くはずだったのだけど、今年の暑さでみんなばて気味だったので、リーダーの意見でここだけで終りにして帰ることにした。

3-1_20120730114632.jpg 3-2_20120730114632.jpg
旦さん、Hirokoのアパートの正面玄関でポーズをつくったMikichan。フーン、これが正面玄関って驚いていた。

疲れた、疲れたというMikichanに寝ないでよって、冷たい水をあげたり、果物をあげたりして元気づけ、やっとJewelというマーケットへ連れて行った。
4-1.jpg 4-2.jpg
お土産品をあれこれ選んでいるMikichan。明日コストコのような大きな卸やさんに行くから、これは買わないのよ。見るだけどんなものがあるか。試食したいものがあったら買ってあげるかね。ショッピングも終り、家に帰ってゆっくりできるとニコニコ顔のMikichan。

でもそう簡単には「問屋がおろさない」だった。Hirokoが疲れちゃってクッキングするのが嫌だなと言ったら旦さんが日本食レストランとに連れて行ってくれるって。しめしめ!
8-1.jpg 1-1_20120730114820.jpg
はい、ここがそのレストラン。ここのことは前にもかいたけど、いつも美味しい日本の家庭料理が食べられて嬉しい。Mikichanはどうかな。シカゴの日本食の味は。Ginza Holidayがあるって。Mikichanを連れて行こう。

5-1.jpg 5-2.jpg
お店の中。入り口の近くに座らせられたので、写真を撮ったら旦さんとMikichanがよーーーく見えるね。

5-3-1.jpg 5-3-3.jpg
5-3-4.jpg 
食べたものの写真。Mikichanが食べているSeafood Salad。旦さんとHirokoが食べた鯖の塩焼き。そしてMikichanの本番は親子丼。
6-1.jpg
味噌汁がついてくるので、Hirokoはご飯を入れて食べるのが大好き。Mikichanが「ねこまんま」と呼ぶんだと教えてくれた。

アメリカの一品は量が多いね。お腹が一杯。食べられないけどって困っているMikichan。
7-1.jpg
これはMikichanが食べられなくなった親子丼。大丈夫、無理して食べないで持って帰りましょう。ええ、持って帰るの?そう「ドギーバッグ」を作ってもらってね。
7-2.jpg
はい、これがMikichanのドギーバック。夜中や、いつでも、お腹がすいたときに食べられるねって、嬉しそう。

Hirokoのこのブログの2009年11月21日に「ドギーバック」と題して面白い話を書いているので読んでください。

お客さん、旅人

Mikichan 第一日目朝早く着きました

Mikichan7月28日朝8時20分にオーヘアに着く筈。遅れたりしたら大変だから少し早めに出かけた。オーヘアに着いたら十分時間があったのでマクドナルドで朝食を。冷房が寒くて、寒くてと言っているうちにMikichanの飛行機無事着陸。さて、今から30分から45分したらMikichan出てくるね。
1_20120729114952.jpg
Exit Bから出てくる筈。目を大きく開けて、ミスしないように見てなくちゃ。
一等、ビジネスクラスの人たちが出てきて、そのあといろいろな人たちがたくさん出てきて、スティワデスも殆ど出てきて、でもまだ出てこない。ミスしちゃったかしら。そんなことないのにね。
2 - a2 - b
あれだ!あれだ!ほーら、あの写真と同じ格好で出てきてくれて、直ぐに分かった。これで一安心。Hirokoの住所が分からなかったため、日本語の分かる人に来てもらったりして、移民局で手間取ったそうだ。本当に、こんな可愛い子ちゃんが宿泊する先が分からないのでは、移民局としても心配するでしょう。でもやっと日本語の分かる人が来てくれて説明し、理解してもらえてよかったそうだ。
3 - a 3 - b
3 - c
旦さんはジェントルマンだから、女性の荷物は持ってあげる筈と思っている。でもMikichanは伯父さん自分で持てるからって。家に着いても自分で車から荷物を出して、二階なので大きな荷物をひっぱりあげていた。目が回りそう!本当に飛行機の中では一睡もしてなかったらしいから。この荷物を二階に運ぶのは大変だったでしょう。
4_20120729114913.jpg
プレゼントをいただいて喜んでいるエルサ。本当にいろいろとありがとう。
5_20120729114912.jpg
そのあとエルサがジョギングに出かけようとしたら、私も行きたいって、Mikichanも一緒にジョギングにでかけていった。
6 - a
片付けものも、家への電話も忘れちゃって、スポーツウーマンなんだね。
7_20120729114911.jpg
ジョギングから帰って、朝食/昼食をして、シャワーに入って、少し横になりたいって。マーケットに買い物に行かなければならないから二時間だけね。
Mikichanショッピングに行くよ。何の応答もなし。考えてみれば成田からは12時間だけど、千歳から考えたら16、7時間は全然寝てなかったらしいから。飛行機の中では眠れなかったって。
ショッピングも行きたいけど、寝てるということで夕食まで寝ていた。でもあまり寝ちゃうと明日の朝早く起きちゃうからって無理矢理に起こして夕食にした。
8 - a 8 - b
これ何かな?!美味しいかな。食べられるかな!こわごわ食べてたけど、お皿のもの全部食べてくれた。眠くて味など分からなかったのかもしれない。
9 - a 9 - b
夕食のあと旦さんが食器あらいをはじめたら、自分も手伝うといって、旦さんが洗った食器を拭いて、二人で食器洗いをしてくれた。

そのあとコンピューターでいろいろな人たちにメッセージを送ったり、ブログを持っているそうで今日のことを書いたりしたそうだ。HirokoのブログにMikichanのブログをリンクした。「月の音、雑音」というブログ名だそうだ。読んでください。

ハイ、これで第一日目終了。明日は日曜日。どうなるか。また明日のお楽しみ。

お客さん、旅人

Mikichan 来シカゴ

Mikichan今ごろどこを飛んでるかなあ。シカゴ時間の明日(土曜日)に着くんだって。
1_20120728145346.jpg
これがMikichan 可愛いいね。7,8年前に会った写真を出して見たりして、お父さんに似ているなかなって。いい経験だね。

2_20120728145345.jpg 3_20120728145345.jpg
これがMikichanの部屋。用意万端整った。バスケットボール選手のMikichanはシカゴの人とお手合わせしたいとのこと。その準備も出来たし。これから二週間、孫と一緒って感じだね。

さて、元気にしてないと孫に追いつけないと困るから、お休みしよう。お休みなさい!

シカゴあれこれ

シカゴの2012の夏は暑くて、史上最高の旱魃

今年、シカゴに初春が来たとき、いつもなら5月に咲く花が3月に全部咲いてしまった。その続きなのか、初夏の6月末から7月初めに、105度(45度)の日が10日ばかり続いた。暑かった!とっても暑かった!丁度その最中、7月4日は独立祭のお祭りで、教会では慣例のピクニックを行った。そのピクニックグランドで一人が意識を失って倒れた。教会には医師がいるので本当に感謝。血圧が下がったため、直ぐに応急処置を施してくれた。暑さの故だそうだ。もう一人は頭が痛くなり、目が回ったので急ぎ家に帰り、エアコンのある部屋で3,4時間も寝たそうだ。シカゴ市内では150人弱の人たち熱射病で病院に運び込まれたそうだ。亡くなった人もいるとか。旦さんもHirokoも同年代の人たち、四、五人は大丈夫だった。感謝、感謝。

その上、シカゴの歴史上に記録がないような旱魃。有名な独立祭の花火も火事発生を危まれ、取り止めとなったところが多くある。チキンも死んでいるとか。野菜の収穫も落ち、高値が予想されている。

1 - 1 1 - 2
このアパートの庭も、隣の庭も見てください。グリーンじゃなくて枯葉の色、薄茶。

1 - 9 1 - 9-1
それに木々も、特に若い木が枯れはじめている。来年生き返ってくるかと危ぶまれている。

1 - 3 1 - 4
1 - 5 1 - 6
ある日、やっと空が曇り、大雨が降るかと期待したのに、2、3分の間パラパラじゃなくて、ポツリと降っただけ。
1 - 7 1 - 8
ポツリの雨でも、100パーセントの湿度が、空にうっすらと虹をかけてくれた。

このような暑さ、旱魃にもめげず、旦さんとHirokoは毎日歩け、歩けの運動に出かけている。

ところである日の午後の歩けのとき、旦さんが車にぶっつけられた。ちゃんと歩道を歩き、渡り終わりそうなとき、右から車がきて旦さんに当たった。旦さんは左肘をつき、次に膝、そして最後にゴツンと後頭部を打って倒れた。

でも旦さんは直ぐに自分で起き上がって座ったので一安心。

ぶっつけた車の運転手さんは良い人で、車を止め、旦さんの横に座って、大丈夫か、どうかと心配してくれた。そして「これは百パーセントの自分が悪かった。あなた方が見えなかった。でも私はあのとき、今晩何を食べようか、そのために何を買おうかと、頭の中でショッピングリストを作っていた」と言った。

第三者がいて、その人が911に電話し、救急車を呼んでくれた。

待つ間もなく消防自動車とポリスカーが来た。いろいろ諮問されているうちに、直ぐに救急車がきてあれこれ調べ、首にサポートをして、はい病院に行きましょうと言われ、救急車で病院に行った。

病院の緊急病棟に連れて行かれ、MRI、レントゲンなどで検査をし、いろいろ調べてもらった結果、出血もないし、骨も折れていないし、大丈夫ですといわれた。歩くために家を出てから4時間後に家に帰って来た。

主なる神のみ名を讃美し、主が共にいてくださり、守ってくださったこと感謝します。

二、三日あと、写真機を持って出かけた。あの運転手さんが「見えなかった」と言ったことに、何が彼女の目をさえぎっていたのか確かめたかった。

2 - 1
事故にあったところの道の名、MagnoliaとBalmoral

2 - 2
あった、あった。四つ角の真ん中に背の高い花が咲いていた。旦さんとHirokoが立っていたところから斜め向い側の車がStopするところを見ると、100パーセント注意していればやっと見えるだろうけれども、ぼんやりしていたり、考えごとをしていたりしたら見えない。

2 - 3 2 - 4
車が止まったであろうところから向こう側を見ても同じだった。頭の中でショッピングリストなど作っていたら見えないだろう。

さて、これをどこに言うか。町会議員にEメールをすべきと、リサは言ってくれた。早いうちにこの写真と一緒にEメールしよう。どうなるか。

ジャーナル

2012年の父の日、BBQデナー

甥の結婚式出席のため、メキシコのロス・カボスへ行って帰った一週間後、カリフォルニアからインローたち、TetsuroとSakaeが来た。新婚家庭に遠慮して、うちと友達のところに泊まる予定をして来た。ところが嫁さんから電話が来て、父の日のお祝い、それに旦さん、エルサの誕生日のお祝いのBBQデナーをうちでしよう。そのあとは帰るまでうちに泊まってくれるように、との招待を受け、Sakaeは嬉しいような戸惑いを感じ直ぐには返事できなかった。でも結果的には家族のBBQデナーをし、そのあとはAmandaとStevenの新婚家庭に泊まって帰って行った。姑と嫁の関係って大変。でもSakaeもAmandaも思いやりのある心を持っているから、きっとよくやっていける。

という訳で、楽しいBBQ家族デナーを楽しめた。その日のご馳走は、
Dish 1 Dish 2
まずはBBQ。ホットドッグとハンバーガー。
Dish 9
それらに使うCondiments(料理に添えるもの-薬味)-ケチャップ、マスタード、玉ねぎ、トマト、スィートラデシュ、アルファアルファなど
Dish 3 Dish 4
リブスと手作りのピザロール
Dish 5 Dish 6
七段のサラダと蕎麦サラダ
Dish 7 Dish 9-1
ポテトサラダとデベルドエッグ
Dish 8
オニギリとスパムむすび

これらの写真少しおかしいと思った。そうよね。直ぐに分かっちゃうね。いつものこと、はじめに写真撮るの忘れちゃって、食べ終わってから残り物を撮ったの。済みません!
People 0
この日のパーティーのレディー・オフ・ザ・ハウス、アマンダ
Game 2 Game 3
ゲームを楽しむ人たち
People 3 People 1
People 4
座っておしゃべりをする人たち。犬と戯れているHiroko。
犬は蛍を見て追い掛け回し、吠え出したので家の中のケージに入れられた。

Tequila 2
テキーラとテキーラを楽しむ人たち

さて、テキーラの話。
テキーラは、メキシコ国内のハリスコ州とその周辺で、アガベ・テキラーナ・ウェーバー・ブルー(Agave Tequilana Weber, Blue)(略称 アガベ、アガヴェ)と呼ばれる竜舌蘭(Agave)から造られるSpirit、Hard Liquorに加えられる蒸留酒である。メキシコ産であること、また竜舌蘭がサボテンに似ていることなどからサボテンが原料と誤解されるか、竜舌蘭はサボテンとは異なる植物である。

アガベ・テキラーナ・ウェーバー・ブルーは、雨季のはじめである6月に植えられて、6-8年後に収穫される。
Tequila 3 Tequila 4
葉を切り落し収穫されたアガベはパイナップルに似た形をしているのでピニャ(Pina、パイナップルという意味)と呼ばれている。

1.蒸し器がま(伝統的な方法では石を敷き詰めた穴の中)などにピニャを積み重ね柔らかくなるまで(30時間ほど)蒸し焼きにする。
2.蒸したアガベを1週間放置し、そのあと石臼などですり潰し汁を絞り出す。
3.その汁を発酵させる。
4.蒸留器で2-3回蒸留しアルコール度を高める。良質のテキーラは35%から60%(70-110プルーフ)のアルコールを有する。

テキーラは大きく分けて3種の違ったものがある。
Tequila 1
1.100%アガベで、無色透明のテキーラで、ホワイト、ブランコ(Silver)などと呼ばれる。熟成を行わないので口当たりがシャープで、カクテルなどのベースによい
Tequila 5
2.100%アガベだが、樽の中で熟成させるテキーラで琥珀色になり、熟成期間によって、ゴールド、レポサド、アニェホ、エクストラ・アニェホなどと呼ばれる。(ワインのように熟成期間で味が良質になるなどということはないと言われるそうだが、長く寝かせたものは高価になるらしい。)(OSCOに二種類のテキーラがあった。写真の中の向かって右側がこの樽で熟成させたテキーラ)
3.アガベ・テキラーナ・ウェーバー・ブルーと一緒に副原料(主に糖分)を発酵させて造る。ミクスト、スタンダードなど呼ばれることもある。
テキーラ・テースティングでHirokoが見たものは白色だった。モラサスなども加えるそうだから白色だけでなく異なった色のものもあるのだろう。

さて、テキーラをストレートで飲むときは、塩とライム(縦長に八切れくらいに切る)を用意する
まずテキーラをショットグラスに入れ、その匂いを楽しむ。Hirokoは透き通ったテキーラの匂い、口当たりが好きだった。
塩を左手の人差し指を曲げ、そこに乗せる。その塩を舐めつばが口の中に溜まったところにテキーラをシップする(すする)ようにして飲み、テキーラがまだ口の中にあるうちにライムを齧る。テキーラとライムが混ざり合い、何とも言えない美味しい味がする。
飲んでみないとその美味しさはわからない。どうぞ飲んでみてください。

ロス・カボスのテキーラテースティングでも、これと同じようなことが話された。確証を得るため、インターネットのフリー百科事典ウィキペディアの「テキーラ」を参照させてもらった。フリー百科事典ウィキペディアには、テキーラの歴史、法律、メキシコ人のテキーラの飲み方など、いろいろなインフォメーションが沢山載っている。

------------------------------------------
飲酒について聖書がどう言っているか続きに書くのでご覧ください。もし何かご意見がありましたらコメント欄にコメントなどをいただけますと幸甚です。よろしく
プロフィール

Tsukasa Hiroko

Author:Tsukasa Hiroko
初めの家は塵でできており、砂の上に建っていました。
四十年前にシカゴで木の家を岩の上に建てさせていただきました。
今はレンガの家が岩の上に建つようにしていただいたようです。
金の家になれる日を望んでいます。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
訪問者数

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ